XMの退会方法は!?XMの口座解約の手順や退会できない理由 | 海外FXメガ

XMの退会方法は!?XMの口座解約の手順や退会できない理由

XMの退会方法XM

一人につき最大8口座開設できるXMでは、多くのトレーダーが複数口座を長期取引用、短期取引用などといった風にうまく使い分けています。

とは言え、複数口座開設したけれど放ったままになっている人も。

実はXMでは90日間何の取引もせず口座を放置していると休眠口座とみなされ1か月5ドルの口座維持費がひかれます。

無駄なお金を差し引かれるのはもったいないこと。

不要な口座は、資金をすべて出金もしくは資金移動させてから解約するのがよいでしょう。

では、XMの口座解約方法について見ていきましょう。

XM口座の口座解約の方法(退会方法)

XMの口座はものの2分ほどで解約できます。

まず、マイページから「オプションを選択する」を選択、「口座を解約する」をクリック、「取引口座を解約する」をクリックします。

登録メールアドレスにメールが届きますので、メールに記載されている「取引口座を解約する」をクリックして会員ページに入り、「取引口座を解約する」をクリックします。

手続きが完了し自動ログアウトされれば完了。

念の為、確認としてもう一度ログインすると、口座がなくなっていることがわかるはずです。

XMのデモ口座の解約方法

デモ口座の解約は会員ページからできないため、メールもしくはチャットでXMサポートに解約依頼しましょう。

メールは平日24時間、チャットは平日9〜17時の対応で、解約希望する口座番号を伝えるだけです。

XMの休眠口座の解約方法

休眠口座を解約する場合、まず口座残高をゼロにしてから手続きしてください。

何の取引もせず口座を90日以上放っておくと口座維持手数料として1か月5ドルが口座から引かれるので注意が必要です。

XMの凍結口座の解約方法

何らかの事情ですでに凍結された口座についてはそのまま放置しておいて大丈夫です。

デモ口座の解約とニュースレターの停止方法

デモ口座の解約、そしてニュースレターの停止の手続きは、会員ページからは削除できません。

そのため上記2つの手続きを申し込みたい場合は、メールもしくはライブチャットでの連絡が必要です。

XMの口座解約の時間

複数口座持っている場合に口座解約をおこなうと即時処理され、一方、一つの口座しか持っていない場合には解約処理されるまでに24時間の猶予があります。

つまり、一つの口座しかないトレーダーは、解約処理してから24時間以内なら再ログインすることで口座を復活させられるということです。

XMで解約・退会できない原因

XM口座を解約するには、

  • 出金依頼など処理中の手続きがないこと
  • すべてのポジションが決済されて24時間以上経過していること
  • 口座残高がすべて出金されていること
  • 口座が有効化されていること

が条件です。新規口座開設して即座に解約することはできず、また口座解約時に口座にお金が残っているとそのお金は戻ってきません。

それではXMで解約・退会できない原因を解説します。

口座残高として証拠金やボーナスが残っている

手続きの際に口座内に証拠金が残っている状態だと、エラーの発生や解約または退会ができない要因となります。

口座残高として証拠金があるのであれば、引き出すもしくは資金を移動して口座内からなくしてください。

また口座残高としてボーナスが残っていると、解約もしくは退会した際にすべて無効化されてしまいます。

口座内に残っているボーナスは、トレードの際に使用もしくは資金移動を行って無効化を回避しましょう。

もしも、XMの口座を1つしか所有していないのであれば、口座残高をゼロにするためには500円以上になるように入金を行う必要があります。

500円以上にした後に改めてお金を引き出すのです。ただしこの時に注意したいのが、入出金に伴い発生する手数料です。手数料の発生により損をしてしまう場合もあるため気を付けてください。

一方、XMの口座を複数所有しているのであれば、まずは解約したい口座へほかの口座より資金を移動し、証拠金の金額を500円以上に変更します。

そして継続して利用を希望する口座へと資金を移動してください。

また資金を別の口座へ移動した際には、移動させる資金の割合により一緒に移動するボーナスの金額が決まります。

ただし資金を移動した際にすべてのボーナスが無効化されてしまう口座の種類もあるためご注意ください。

ポジションが残っている

XMで解約もしくは退会の手続きを行う際には、ポジションを所有していない状態でなければいけません。

先述した口座残高のように、ポジションを所有している時に手続きを行うとエラーが発生してしまいます。

ポジションの状態をチェックする手順を見てみましょう。

まずは会員ページにログインし、選択肢の中から「オプションを選択する」を選んでください。

するとメニューが表示されるため、メニューの中から「保有ポジション」を選ぶと、現在のポジションの状態をチェックできます。

 

出金処理中である

XMの解約もしくは退会手続きは、出金処理中には完了できません。

会員ページにログインし、「出金履歴」から出金処理の状況をチェックしておきましょう。

出金処理の期間を本日に選択すると、今行われている出金処理の有無を確認できます。

 

決済もしくは出金から24時間以上空いていない

XMで解約もしくは退会の手続きは、「出金処理」「ポジション決済」「内部送金」の3つの作業から時間を24時間以上空けて申請しなければいけません。

全く使用されていない口座を除いて、解約もしくは退会の手続きを即座に行うことは基本的に不可能です。

解約や退会には長い時間を要することを理解しておきましょう。

 

口座を一定期間放置すると口座維持手数料が1か月5ドルかかる

XMでは一定期間放置している口座に口座維持手数料が1か月5ドルかかります。

ただし、口座残高ゼロなら口座維持手数料は差し引かれず、ただ口座凍結されるだけ。

口座凍結されるとその口座は復旧させられず、いわば退会したのと同じです。

退会手続きが面倒で、残高ゼロのまま放置しておく人もいるそうですが、一定期間経過しないと口座凍結されませんから今すぐ口座を整理したい方には向かないやり方です。

また、同じ条件の口座を再度使いたくなったら、もう一度最初から口座を開設しなければならないことも覚えておいてください。

 

口座を使用しないなら解約処理をした方がいい理由

XMを使用しないと判断したのであれば、確実に退会や解約できる方法を選ぶのがおすすめです。

長期間口座を放置していると、XMからのハッキングリスクが高くなります。

XMでは会員ページにログインする際のSMS認証やワンタイムパスワードがないため、口座IDおよびパスワードだけで不正アクセス可能です。

最悪、口座資金を盗まれてしまう不正アクセス。

リスクを最小限にするために不要な口座はきちんと解約するのが鉄則です。

もし、XMとほかのFX取引所のアカウントを統一しているのであれば、使用しているほかの口座まで被害に遭ってしまう危険性があるのです。

XМの利用をやめようと決めたのであれば、可能な限り確実に処理できる方法で退会もしくは解約しておきましょう。

口座凍結狙いでの退会は注意

XMで口座凍結を狙い退会を試みる際には、気を付けておきたいポイントがあります。

まず口座を放置する際には、XMの残高を0円にしておきましょう。

XMの口座内に資金が残っているまま90日以上トレードが実施されないと、その口座は休眠口座として扱われます。

休眠口座になった場合には、毎月5ドルの口座維持手数料が引き落とされてしまいます。

休眠口座として扱われている間には、毎月継続して5ドルが引き落とされます。

口座維持手数料が引き落とされ、休眠口座内の口座残高が0円に到達するまでは口座は凍結しないのです。

口座残高が0円になると、口座凍結と扱われXMを退会もしくは解約したとみなされます。

口座残高が0円でない状態では退会や解約が延期されてしまうということです。

口座を放置する前に残高を0円にしておくのは、口座凍結を狙い退会もしくは解約する際に必ず気を付けておきましょう。

 

XMの退会方法の手順や口座解約の注意点と解約した方がいい理由まとめ

XMの退会や解約は適切な手順に沿って進めていけばスムーズに行えます。

口座残高が残っておらず、出金処理などの手続きから24時間以上経過してから申請を行うという点を頭に入れておきましょう。

XMでは一人につき最大8つの口座を保有でき、解約方法も簡単です。

複数口座保有している場合は、解約手続きから即解約処理され、一つしか口座を保有していない場合は解約手続きから24時間の猶予があります。

あえて口座凍結させて解約処理と同じようにすることも可能ですが、何にせよ使わない口座の残高は必ずゼロにしておきましょう。

口座凍結を狙って退会する方法は、XMからのハッキングリスクを考慮し可能な限り避けることを推奨します。

しかしXMの継続利用を迷うこともありますよね。自分の状況に合わせて、適切な退会(解約)方法を選びましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました