XMのスワップポイントまとめ!スワップ付与のタイミングと注意点を徹底解説

XMの魅力といえば最大888倍というレバレッジで、これにより自己資金が少ない人も大きな利益を得られるチャンスがあります。

さらに、大きなスワップポイントを得られる通貨ペアを狙えば、国内FX業者では考えられないほど、少ない自己資金で大きなスワップ利益を得られる可能性もあるでしょう。

ただし、スワップポイントはプラスだけでなくマイナスになることもあることを頭に入れておきましょう。

そこで今回は、XMのスワップポイントについて徹底解説!

スワップポイントとは

スワップポイントとは、為替売買にて生じる金利差のことです。

たとえば、USドルの金利2.1%、日本円の金利0.1%の場合2.0%の金利差となり、スワップポイントが2.0%となります。

高金利の通貨を買い低金利の通貨を売ると金利差を受け取ることとなり、逆に高金利の通貨を売り低金利の通貨を買うと金利差を支払うこととなります。

たとえば、USドル円の買いポジションを保持するということは、USドルを買って円を売ることで、買った通貨を貸して利息を受け取る状態です。

日本円を保有している場合は0.1%ずつしか増えないお金が、USドルだと2.1%ずつ増え、ほかに何もFX取引せずとも、このポジションを保有しているだけで利益を得られます。

ただし、スワップポインはいつもプラスになるわけではなく、マイナスになることもあり必ず利益を得られるとは限りません。

スワップポイントの計算方法

スワップポイントは、ポイント計算もしくはパーセント計算にて算出され、XMではポイント計算が採用されています。

計算式は、「(最低価格変動0.00001÷為替レート)×通貨量× スワップ値×日本円為替レート」と結構複雑です。

また、日本円が関係するペアの計算式は、「(最低価格変動0.001÷為替レート)×通貨量× スワップ値×日本円為替レート」となります。

なお、XMではMTの基本画面にて通貨ペアを右クリックするとあらわれる取引条件に、最低価格変動の少数桁、スワップ値が表示されます。

ちなみに、USドル/円の通貨ペアを確認する時は、左側に表示されるUSドルを取引通貨、右側に表示される円を決済通貨と呼びます。

また、日本円に関係する通貨ペアでは最小価格変動は少数3桁の0.001、それ以外の通貨ペアは基本的に少数5桁の0.00001です。

XMではスワップポイントが3倍になる日がある

XMでは、水曜から木曜にかけてのタイミングでスワップポイントが3倍になります。

土日祝は取引がお休みとなるXM。

土日祝分の調整がはかられるのがちょうど水曜日のため、超成分が水曜から木曜にかけて付与されるというわけです。

ただし、もちろんプラスの場合は3倍ですが、マイナスの時も3倍となることを頭に入れておきましょう。

XMのスワップ計算機の使用方法

XMではスワップポイントの計算できる計算機を供給しており、これを使えば、口座タイプや口座の基本通貨、ロット数に応じたスワップポイントを簡単に計算できます。

まず、XM公式サイトの上部「FXを学ぶ」、「FX計算ツール」をクリックし、ツールのなかからスワップ計算ツールを選択しましょう。

次に、計算したい口座通貨や通貨ペア、口座タイプ、ロット数を入力し「計算する」をクリックすると計算結果が表示されるはずです。

XMにはほかにも、損益、証拠金、ピップ値の計算機があります。

他業者とスワップポイント比較

実際の金利を参考にしながら決められるスワップポイント。

各FX業者が独自に決めるもので、業者により数字が異なります。

XM、GEMFOREX、AXIORYと大手海外FX業者3社の2019年のデータを見てみますと、GEMFOREXが最高スワップポイントを叩き出しており、XMは少し見劣りします。

高金利通貨のスワップポイント比較

次に、XM、GEMFOREX、AXIORYについて、高金利通貨ペアのスワップポイントを比べてみましょう。

AXIORYが全体的に高く、逆にGEMFOREXは全体的に低いという結果に。

もちろん、FX業者を選ぶときはスワップポイントだけでなくスプレッドやほかのサービスも鑑みるべきですが、参考にしてください。

XMでスワップポイントをもらうタイミング

スワップポイントは、サマータイムだと日本時間5時59分〜6時、通常時間だと日本時間6時59分〜7時に付与され、その時間にポジションを保有していることが条件です。

何時間ポジションを持っているかは関係なく、ただその時間帯にポジションを保有しているだけでOKです。

ただし、スワップポイントはプラスだけでなくマイナスもあり、マイナスの場合は口座から差し引かれることを頭に入れておきましょう。

XMのスワップポイントの確認方法

①公式サイトでスワップを確認する

XMにてスワップポイントを一番簡単に確認できるのは、公式サイトの「FX取引のスプレッド/取引条件」を使うのがおすすめです。

XM公式サイトメニューの「取引」から「FX取引」、「FX取引のスプレッド/取引条件」を選ぶと、各通貨ペアのスワップポイントが一覧表示されます。

スワップポイント一覧表は昇順と降順でソートできるので、プラス、マイナスラインキングを確認することも可能。

マイナススワップの通貨ペアは保有しているだけでマイナスとなるのでできるだけ早く対策を打ちましょう。

②MT4で確認する

MT4画面左上の「表示」より「通貨ペアリスト」をクリック、たとえばUSドル円なら「USDJYP」という風に確認したい通貨ペアをクリックすると、買いと売りスワップポイントが表示されます。

③MT5で確認する

MT5でもMT4とよく似た方法でスワップポイントを確認できます。

MT5画面左の「銘柄」より「銘柄」をクリック、「銘柄ウィンドウ」から確認したい通貨ペアを選んでクリックしましょう。

ウィンドウ下部に取引条件リストが表示され、買いスワップと売りスワップをクリックすると各スワップポイントが表示されます。

スワップポイントが付与されたかを確認する方法

メールで確認する

XMでポジションを保有していると毎日午前7時ごろにデイリーコンフィメイションというメールが届くようになっており、そのメールの中にスワップポイントも記載されています。

スマホのMT4アプリで確認する

スマホアプリでは、「トレード」もしくは「履歴」からスワップポイントを確認できます。

「トレード」からはトレード中のスワップポイント、「履歴」からはトレードを終了したスワップポイントを確認できます。

PCのMT4アプリで確認する

MT4上部の「表示」をクリック、続いて「ターミナル」、「取引」をクリックするとスワップポイントが表示されます。

スワップが大きい通貨の注意点

①スプレッドが広い

XMでスワップポイントが高い通貨ペアは、トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソに関係するもので、いずれも高金利通貨。

スワップポイントこそ高いですが、スプレッドがかなりの広さです。

高金利通貨というのは潜在的なファンダメンタルズ的リスクがあるもので、トルコリラ円が暴落したケースは記憶に新しいでしょう。

②レバレッジ制限がかかる

XMのメリットといえば、最大レバレッジ888倍が挙げられますが、トルコリラ、ロシアルーブルなどのスワップポイントが高い通貨ペアにはレバレッジに制限がかけられていて、ここまでのハイレバレッジを楽しめません。

これら通貨ペアは値動きが激しすぎるため、そこにハイレバレッジをかけすぎることでトレーダーがあまりに大きなマイナスを抱えないようにとの配慮からです。

③ボラティリティが大きい

スワップポイントが大きめとなるのは主にマイナーな通貨ペアで、そうした通貨ペアは値動きが激しくなりがちです。

たとえば、スワップランキングトップのユーロトルコリラでは、15分間に約500pips以上の値動きが確認され、一瞬で大きく値動きするので予想と反対に動けば大きなマイナスです。

スワップ利益を狙うなら、最低1週間ポジションを保持し続けられる、値動きの大きくない通貨ペアを見つけましょう。

XMでスワップ狙いがおすすめできない理由

XMではスワップを狙った取引をすることはあまりおすすめできません。

XMでスワップポイント狙いで両建てすると、スワップポイント分がマイナスになってしまいます。

取引通貨ペアというのは、片方のスワップポイントがプラスになると、もう片方がそれおりマイナスになるよう調整されており、両建てすると必ず差し引きがマイナスになります。

為替変動のリスクのためなら両建てするとプラスマイナスゼロとなり有効ですが、スワップ狙いは不可能です。

また、XMは業者をまたぐ両建てを禁止しており、発覚すれば出金拒否や口座凍結などのペナルティに課せられます。

また、スワップの高い通貨ペアを取引するには多くの証拠金が必要であり、エントリー時の証拠金維持率が低くなります。

そもそも値動きの大きい通貨ペアですから、強制ロスカットされずに最後までポジションを保有し続けるのは相当大変です。

スワップポイントの出金方法

なかには、ポジション保有のままスワップポイントだけを出金できるFX業者もあるのですが、残念ながらXMはそうではありません。

XMでは、ポジションを決済したあとにスワップポイントを出金できます。

なお、決済前のポジションのスワップポイントと為替損益は有効証拠金に含まれますので、証拠金維持率に影響を及ぼします。

つまり、スワップポイントの高いポジションを保持していると、たくさんのスワップポイントを払い続けることとなり証拠金がどんどん減るため、強制ロスカットへの余裕がたちまちなくなってきます。

XMではスワップポイントだけの出金は可能?

ポジションが決済されると付与されるスワップポイントは、当然ながらポジション決済前には出金できません。

そのポジションの決済を終えスワップポイントが確定すれば出金でき、この場合、ほかにポジションを保有していても、終了しているポジションのスワップポイントは出金可能です。

XMのスワップポイント!スワップ付与のタイミングと注意点を徹底解説まとめ

ハイレバレッジはあくまで通常の通貨ペア売買で活用するのがベスト。

スワップポイントは取引のおまけくらいに考えておく方がよいのではないでしょうか。

20,000円ボーナス&極狭スプレッドのGEMFOREXがおすすめ

スプレッドがどの業者よりも一番狭く安全に取引できるGEMFOREXがおすすめです!  
スプレッドドル円1.2pips約定率99.79%
レバレッジ5,000倍ゼロカット
取引手数料無料ロスカット水準50%
口座開設するだけで20,000円のボーナスがもらえるので、入金なしで即トレードができます!
\今なら口座開設で20,000円もらえる/
関連記事【海外FXおすすめ20社比較】評判が良い海外FXおすすめ人気業者はココだ!
タイトルとURLをコピーしました