XMのロスカットは証拠金維持率が20%でマージンコールは50%!ロスカットを防ぐ方法 | 海外FXメガ

XMのロスカットは証拠金維持率が20%でマージンコールは50%!ロスカットを防ぐ方法

XMのロスカットXM

XMのロスカットの証拠金維持率は20%、マージンコールは50%なので国内FXと比較して優しいです。

ただ、XMはハイレバレッジなので予想していなかった強制ロスカットにならないような対策を考えておきたいです。

「強制決済まではどの程度耐えることが可能なのか」という目安を把握し、安全にFXトレードを継続しましょう。

そこで今回はは、XMのロスカットシステムについて詳しく解説していきます。

ロスカットとは!?追証と証拠金維持率との関係

ロスカットシステムは強制的なポジションの決済のことです。

マイナスが膨らみポジションの含み損が最低必要証拠金を超えた際に、強制的にポジションの決済が行われます。

最低必要証拠金の式
最低必要証拠金=注文した時の価格×トレードするロット数÷レバレッジ率

なお、証拠金維持率とは保有しているポジションの必要証拠金に対する口座残高の割合を指し、ロスカットや追証の基準となります。

証拠金維持率の式
証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

FXの世界では証拠金を担保にしてレバレッジをかけるため、証拠金が一定金額以下になると追加証拠金なしではポジションを保有し続けられなくなります。

この追加証拠金のことを「追証」と呼びます。

しかし、XMでは追証なしのゼロカットシステムを採用していますので、取引で口座残高がマイナスになっても、マイナスは業者が肩代わりしてくれゼロにリセットしてもらえます。

XMのロスカットは証拠金維持率20%

XMのロスカットは証拠金維持率20%なので、証拠金維持率が20%を下回った時に強制的に決済されます。

国内FXの証拠金維持率はだいたい50%、マージンコールは50〜100%なのでXMは優しいといえるでしょう。

マージンコールとは追証を支払うようにとの警告のことで、XMのマージンコールは証拠金維持率50%を下回ると発生します。

なお、取引が強制終了した場合の含み損は、証拠金維持率の低いXMの方が大きくなる傾向にあります。

しかし、証拠金維持率が低いほど強制的に決済されづらいので、レートが復活し資金が元に戻る場合もあります。

さらに証拠金維持率が低い場合、仮に相場が逆行し含み損を抱えても、強制的に決済されないのでギリギリまで戦うことができるのです。

XMと他の海外FX業者の証拠金維持率を比較

他の海外FX業者と証拠金維持率を比較してみました。

海外FX業者名証拠金維持率
iFOREX0%
XM20%
AXIORY20%
TITANFX20%
LANDFX30%
GEMFOREX50%

証拠金維持率が20%の海外FX業者はXM以外にも存在します。海外FX業者は国内FX業者よりもロスカットに寛容だということがわかります。

XMのロスカットを防ぐ方法

できればロスカットになりたくないという方は、未然にロスカットを防ぐ方法を紹介します。

①即入金する

簡単にXMで強制決済を逃れたい場合は、資金を増やす方法がおすすめです。

ただしレートの変動に耐える必要があるため、お金を素早く振り込むことが大切です。マージンコールが発生したら即入金しましょう。

XMでは証拠金維持率50%を下回るとマージンコールが発生するルールです。

なお、国内銀行送金の場合、時間帯によっては即時入金反映されないので、出来るだけクレジットカードで入金処理するのがよいでしょう。

口座残高への反映がほぼリアルタイムで行われ、銀行振込だと30分以上、bitwallet・ビットコインだとリアルタイムから30分以内で反映されます。

リアルタイムで証拠金維持率を復活させたいのであれば、クレジットカードを使用することを推奨します。

②所有中のポジションを一部閉じる

ポジションのうち一部のみを決済すると、必要証拠金は少なくなる一方で証拠金維持率は高まります。

複数ポジションを所有中にそのうちの一部もしくは1つだけのポジションのみ所有しているのであれば、部分決済がおすすめです。

部分決済を行うと、保有ポジションや必要証拠金を減らすことが可能です。

②XMPを証拠金に充てる

XMでは取引に応じてXMPがたまるロイヤルティプログラムが実施されており、口座開設すると自動でこのプログラムに参加できます。

このポイントはトレードを実施するほど貯まっていき、証拠金としての利用が可能なボーナスに換金できます。XMポイントはXMのメンバーサイトから確認でき、ボーナスへの還元がリアルタイムで可能です。

XMP÷3ドルの計算で証拠金に換金できますから、ロスカットを防ぐ足しになるでしょう。

③注文する際には必ず逆指値設定を行う

ポジションをFXトレードで注文する際には、必ず自動で損切りを行ってもらえる逆指値設定を行ってください。

マイナスが一定以上になってしまうと、自動で決済を行い損切りしてもらえるのです。

逆指値設定の目安としては、デイトレードであれば20pipsから40 pips、スイングトレードであれば40pipsから60 pipsです。

損切りの設定を忘れてしまった場合、自分で決済を行わなければ徐々に含み損が広がっていってしまいます。

そして含み損が大きくなるにつれて、証拠金維持率も低くなってしまうのです。悩むことなく損切りできるように、損切りは自動で行われるように設定しておくのがおすすめです。

④フルレバレッジでトレードしない

1万円の証拠金をXM口座に振り込み、888倍のレバレッジをかけて888万円分のトレードを実施するとどうなるのでしょうか。

ポジションを所有している時点での証拠金維持率は既に低く100%程度です。

そのため相場が10pips逆に向かうと証拠金維持率は20%よりも低くなり、強制的に決済手続きが行われてしまいます。

すなわちすべての資金でフルレバレッジをかけてトレードを行うと、少しでも相場が逆に向かってしまうと、強制的に決済されてしまうのです。

ポジションを所有する際の証拠金維持率が低いと、含み損に耐えられません。そのため即座に強制決済となってしまいます。

これらはXMは強制決済されやすい、即座に強制決済が行われたなどの口コミが多い理由と言えるでしょう。

⑤資金の管理を徹底する

XMで実施するトレードでは、資金管理がとても重要です。FXで成功している多くの人が資金管理に重きを置いています。

資金は200~300%程度維持しておくのがよいと一般的に考えられています。

FXの経験が浅い人は、収益を意識し過ぎて無理なトレードを実施してしまう場合が多いです。

少額の資金しか用意できていないにもかかわらず、ハイレバレッジなトレードで負けてしまうと、強制決済のタイミングも早まってしまうので注意しましょう。

また損切りできない方もロスカットされやすい方の特徴なのでトレード手法をしっかりと確立する事も大事ですね。

⑥損切りするタイミングやマイナスの許容範囲を設定しておく

強制決済が行われる水準に到達する前に利用者自身で損切りを行なうと、強制決済が行われるのを避けられます。

「損切り」とは、FX取引所からの強制決済とは別に自分でポジションを決済する行為のことです。

ポジションを所有する時には、「相場がどの程度逆に向かったらポジションを閉じる」など損切を実施するタイミングを前もって決めておきましょう。

損切のタイミングがわかっていると、マイナスの拡大を事前に防ぎ強制決済を回避できます。

強制決済が行われた場合、それほど大きな損失を被っていることになります。

「そのうち取り戻せるのではないか」と考え損切りのタイミングを迷う人が多くいますが、ほとんどの場合即座に取り返すことはできません。

お金や時間を無駄にせずにマイナスを抑えたいのであれば、思い切って損切りして初めからやり直すことをおすすめします。

マイナスをどの程度許せるのか前もって設定しておき、自分で設定した決まりを元にトレードに取り組むと、強制決済などによる予想外のマイナスを回避できます。

XMの証拠金自動計算ツールとは?

証拠金維持率の計算は難しそうだけれどきちんと数値を把握しておきたいという方におすすめなのがXM公式サイトの証拠金計算機です。

まず、証拠金自動計算機にアクセス、口座の基本通貨、ロット数、通貨ペア、レバレッジ、口座タイプを入力しましょう。

口座の基本通貨とはJPYなど口座開設した時に選んだ通貨のこと、また、ロット数量には計算したいロット数、通貨ペアには金額を計算したい通貨ペア、レバレッジには設定したレバレッジを入力しましょう。

すべて入力して「計算する」をクリックすれば証拠金金額が表示されるはずです。

XMのロスカットは証拠金維持率が20%でマージンコールは50%まとめ

XMでは追証なしのゼロカットシステムを採用しており、急な相場変動などでマイナスになっても、口座がゼロ以下になって借金を背負うことはありません。

また、XMのロスカットは証拠金維持率20%を下回ると発生するのですが、この数字は国内FXと比べてかなり優しいものでしょう。

とはいえ、証拠金維持率が低くてもロスカットされづらくポジションを出来るだけ長く保有できるのはメリットである反面、逆に大きく損する可能性もあります。

自分の取引スタイルを確立することが、XMが自分に向いているかを判断できる近道です。

またロスカットの仕組みを把握するだけでなく、デモ口座を利用し感覚的にロスカットを体感しておくことも重要です。
XMでのFXトレードをこれから始めようと考えている人は、本番で突然強制的に決済されてしまわないように、前もってデモ口座でのハイレバレッジトレードやロスカット体験をしておくのがよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました