XMの無料ウェビナーの評判は!?参加方法・申し込み方法・受講方法まで徹底解説 | 海外FXメガ

XMの無料ウェビナーの評判は!?参加方法・申し込み方法・受講方法まで徹底解説

XMのウェビナーとは、XMで開催されているウェブセミナーのことです。

英語が苦手だけど海外FXを勉強してみたい…

そんな方には、XMの日本人講師から学べるウェビナーがおすすめです。

XMで口座登録を行う必要なく無料で受講できますので、XMのウェビナーが気になる人はぜひチェックしてみてください。

そこで今回は、日本人ユーザーから人気が高いXMのウェビナーの評判、ウェビナーで学習できる内容、参加方法などを解説します。

XMのウェビナーの特徴

ウェビナーとは、「ウェブ」「セミナー」という2つの単語を組み合わせて作られた造語で、ウェビナーの講師は日本人です。

XMウェビナーでは全18回のトピックの配信が繰り返し行われているのですが、配信がリアルタイムで行われているため、同様のテーマでも内容は毎回違っています。

XMがオンライン上で主催しているウェビナーで講師を担当しているのは、秋又龍志さんという日本人投資家なので日本人講師から日本語でFXトレードを学べます。

FXトレードを中心にした内容を学ぶことができます。

講義の最後に用意されている15分の質問タイムも人気が高い理由の1つです。

自分の疑問だけでなく、ほかの視聴者が聞いた質問で新しい発見をすることも期待できます。

そしてPDFやインジケーターなどの特典のプレゼントという、無料セミナーとは思えないほど充実しているセミナーです。

 

XMウェビナーが開催される日程

XMでは毎週火曜日と水曜日の夜21~22時にウェビナーを開催しています。

ウェビナーは毎月7~10回程度開催されているため、自分の都合がいい日を選んで参加できます。

そしてウェビナーの魅力的なポイントの1つとして挙げられるのが、毎回ライブ配信という点です。

ライブ配信を逃すと、過去動画を視聴することや動画を録画することはできないため気を付けましょう。

 

XMウェビナーで学ぶと得られるメリット

XMのウェビナーのサービスはかなり充実しているため、驚く人も多いはずです。

そこでウェビナーで学ぶと得られる驚くメリットを紹介します。

XMで口座を開設していない人でも利用できる

XMでリアル口座を開設しない人でもウェビナーは受講できます。

予め参加登録を行うために要する時間は30秒程度なので、特別な手間も必要ありません。

そのためXMのウェビナーは、今後XMを利用していこうか検討している人や海外FXに興味がある人におすすめです。

 

質問タイムが15分用意されている

XMのウェビナーでは、毎回質問タイムが15分間用意されています。

質問タイムの時間になると、ウェビナーのオーディオ機能を活用して講師への質問できます。

疑問に思ったポイントを放置することなく、毎回その場で解決できるため人気があるサービスです。

またXMで提供されているウェビナーには、質疑応答のみに限定した「トレードに関する質問承ります」という回があります。気になる方人は、その回もチェックしてみましょう。

 

1回45分受講するだけで豊富な知識が取得できる

1回のセミナーの開講時間はおよそ45分間です。

45分間で約50枚のスライドが使用されることもあるほど、XMのウェビナーの情報量は充実しています。

独学でFXの知識を身に付けるのは難易度が高いと言われていますが、XMのウェビナーのように充実したサポート体制が整っている場合は独学のハードルが下がります。

ただし、XMのウェビナーには過去動画の保管や録画機能は備わっていないため注意しましょう。

動画を保存したい人は、自分のパソコン上で録画することを推奨します。

 

受講する場所が限定されない

ウェビナーは日本中どこでも好きな場所で受講できるセミナーです。

ほかのFXや投資系のセミナーの場合、直接会場に足を運ばなければ受講できないというデメリットがあるものが多いですよね。

首都圏ではなく地方に住んでいる人の場合、セミナーが開講される都会の会場に足を運ぶことが大変と感じている人もいるでしょう。

しかし、受講する場所が限定されないウェビナーなら、移動のための交通費や宿泊費を用意する必要がありません

 

セミナーの翌日受講スライドが貰える

ウェビナーに参加すると、特典として受講した際に使用されたスライドが貰えます

XMのウェビナーでは図解やチャートなどの情報が明確な資料を使用するため、スライドが貰えることでセミナー後の復習に役立ちます。

無料で知識を取得でき、そのうえ特典としてスライドも貰えるなんて嬉しいですよね!

ウェビナーで解説されるのは、毎回PDFで配布される内容です。

登録した自分のメールアドレスにPDFが送信されるため、セミナー中に聞き逃してしまった場合でも後から復習が可能です。

さらにインジケーターやEAのダウンロード案内など、ウェビナーで紹介したものも届くというアフターサービスも充実しています。

 

XMウェビナーの2つのデメリット

こんなに驚くほど素晴らしいウェビナーですがデメリットはあるのでしょうか?2つ紹介します。

テーマは指定できない

毎回のウェビナーのテーマは受講者側で指定することはできません

自分が興味を持っているテーマがあったとしても、タイミングが合わずセミナーが開催されないこともあります。

気になるテーマがある人は、セミナー開催日を見逃さないように随時セミナーの開催予定を確認しておきましょう。

また気になるテーマがあるのであれば、質問タイムを上手く活用することを推奨します。

 

毎回登録する必要がある

XMウェビナーを受講する際には、毎回セミナーが開講される度に、受講を希望するウェビナーに事前登録(申し込み)を行う必要があります。

XM利用者、未利用者を問わず事前登録が求められるのです。

作業自体は難しくはなくすぐに終わるのですが、毎回の登録作業を面倒に感じてしまう人もいるでしょう。

スマホもしくはパソコンでXMウェビナーに参加する手順

 

ウェビナーを受講するまでの手順

XMのウェビナーに参加する際には、これから紹介する手順で作業を進めていきましょう。

  • XM公式サイトより参加申込を行う
  • ウェビナーアプリのインストール手順(初回だけ必要な作業です)

パソコン版のウェビナーアプリの場合、英語表記の部分があり難しいため紹介する手順の通りにゆっくり進めていくことをおすすめします。

ウェブナーの参加を申し込む

XMの公式サイトよりウェビナーに参加申込を行います。

⇒ XMウェビナーの参加申し込み

この手順はパソコンもスマホも同じように進めていきます。

当月に開催が予定されているウェビナー一覧が表示されます。

XMの無料ウェビナーの評判は!?参加方法・申し込み方法・受講方法まで徹底解説

気になるウェビナーを選んだら、登録に必要な以下の項目を入力してください。

XMの無料ウェビナーの評判は!?参加方法・申し込み方法・受講方法まで徹底解説

  • 氏名(英語)
  • 居住国
  • 居住地域(住んでいる都道府県を入力するだけでいいです。 例:Tokyo)
  • 連絡先となる電話番号(例:+819012345678)
  • 連絡先となるメールアドレス

情報の入力が完了後、登録したメールアドレスでメールを受信したら申込完了のサインをしてください。

 

ウェビナーアプリをインストールする方法

PCでウェビナーアプリをインストールする

XMから送信されたウェビナー受講のメールに、「check system requirements (システム要件の確認)」と記載されたリンクが貼りつけられています。

上記のリンクをクリックすると、自分のパソコン環境でウェビナーの利用が可能なのか確認できます。

初めて作業を行う人は、「Try a test session」をクリックしましょう。

手順を全て終えると、パソコンでウェビナーアプリのインストールが完了します。

インストールには3分程度の時間を要します。セミナーが開講される直前だとばたばたしてしまうので、時間に余裕がある時に作業を行っておきましょう。

 

スマホでウェビナーアプリをインストールする

スマホでウェビナーアプリをインストールする際には、アプリの各ストアを利用します。

Appstoreにて「webinar」と検索し、ウェビナーをインストールしてください。

セミナーが始まる5分前に、「Join Webinar」をクリックします。

上記の手順を終えると、スマホからXMのウェビナーへの参加が可能です。

ウェビナーアプリをスマホにインストールしておくと、公共交通機関での移動中やちょっとした隙間時間に利用できて便利です。

 

XMの無料ウェビナーの評判は!?参加方法・申し込み方法・受講方法まで徹底解説まとめ

ウェビナーはXMで提供されているサポート体制の中で特に人気が高いです。

さまざまな種類があるウェビナーの中でも、XMのウェビナーはFX初心者から上級者まで幅広い層の人に役立つことから高い人気を誇っています。

さらにXMのウェビナーは、XMの口座を開設していない人でも無料で受講が可能です。

ウェビナーは事前登録を行うだけで簡単に参加できるため、興味がある人はぜひ一度XMの無料ウェビナーを試してみましょう。

⇒ ウェビナーの参加申し込みはこちら

\3,000円+100%入金ボーナス/

 

タイトルとURLをコピーしました