海外FXおすすめ業者はこちら

【レバレッジ100倍】トレードのやり方・スワップポイント手法を極めろ

レバレッジ100倍のトレードは海外FX業者限定となります。

国内では規制されているレバレッジですから、魅力的な反面リスクがあるのでルールを守って取引していく必要があります。

そこで今回は、レバレッジ100倍のトレードのやり方、必要証拠金の計算式、スワップポイント手法まで徹底解説します。

レバレッジ100倍の特徴

国内FXでは最大レバレッジが25倍ですから、レバレッジ100倍は海外FX業者限定です。

レバレッジ100倍でトレードするなら、約定力が高くスキャルピングを容認している海外FX業者を選んでください。

スプレッドの狭さを最優先する方もいらっしゃいますが、スプレッドよりも重視すべきはスリッページや約定拒否に密接な関係のある約定力の高さです。

100倍以上のトレードするなら99%以上の約定率を実現している業者を選択してください。

ちなみに、海外FXはゼロカットシステム導入なので、取引量を増やしてたとえ大きなマイナスが出してしまっても追証がありません。

レバレッジ100倍トレードのやり方

レバレッジ100倍トレードは、スキャルピングかスワップ狙いが基本です。

①スキャルピング

スキャルピングとは、数秒~数分でポジションを保有し、1~10pipsほどのわずかな変動で取引を繰り返すトレード手法です。

1回あたりの利益や損失は数pipsとかなり小さく、レバレッジを使わないと少ない資金で効率的に利益を増やすのが難しい手法です。

スキャルピングはポジション保有時間が短いので、含み損を大きく抱えるリスクやロスカットのリスクが少ないです。

また、損切りに慣れることができ、リスクを抑えつつ取引スキルをアップさせられるのもスキャルピングのメリットでしょう。

②スワップポイント狙い

スワップとは通貨ごとに金利が異なることで発生する金利差調整分を指し、金利通貨を売り高金利通貨を買うことで金利差額分を受け取ることができます。

ただし当然、低金利通貨を買い高金利通貨を売るとスワップはマイナスになるので注意してください。

ポジションを持っていれば1日ごとにスワップの利益が受け取れますが、何せ金利差調整分ですから、レバレッジを使わないとスワップ利益はほぼありません。

ですが、スワップ狙い可能なのは、基本的に値動きの大きい資源国通貨や新興国通貨で、100倍レバレッジで100倍の取引量に増やすと少しの為替変動でロスカットするリスクが上がってしまいます。

スワップ狙いで大きなレバレッジを使うなら、値動きが安定した通貨ペア、先行きを予測しやすい通貨ペアに注文を入れるのが得策でしょう。

レバレッジ100倍の必要証拠金

レバレッジ100倍の必要証拠金の計算をしてみましょう。

必要証拠金の計算式はこちらになります。

必要証拠金=為替レート×取引量÷レバレッジ

例えば、ドル円が1ドル=100円のときにレバレッジ100倍で1ロット(100,000通貨)を購入するとします。

レバレッジ100倍必要証拠金
  • レバレッジ100倍…100円×1ロット(100,000通貨)÷レバレッジ100倍=10万円

レバレッジが上がるにつれ証拠金の金額が減っていることがわかります。

【ドル円のレバレッジ別の必要証拠金】

レバレッジの倍数1ロット(100,000通貨)の必要証拠金
1倍1,000万
2倍500万
3倍333万
4倍250万
5倍200万
10倍100万
25倍40万
50倍20万
100倍10万
200倍50,000万
300倍33,333円
400倍25,000円
500倍20,000円
888倍11,261円
1000倍10,000円
3000倍3,333円
5000倍2,000円

レバレッジ100倍のスワップポイントの計算式

レバレッジ100倍のスワップポイントの計算をしてみましょう。

【レバレッジ1倍のスワップポイント表】

通貨レート必要証拠金スワップ(日)スワップ(年)年間利回り
ドル110円1,075,000円13円4,745円0.4%
トルコリラ16円157,500円65円23,725円15%
メキシコペソ5円475,000円100円36,500円7%

※ドル円とトルコリラは10,000通貨、メキシコペソは100,000通貨で計算

レバレッジ1倍のスワップポイントは、トルコリラは1日あたり65円、メキシコペソは100円になります。

では、レバレッジ1倍と同じ必要証拠金を使った場合の、レバレッジ100倍の1日あたりのスワップポイントを計算してみましょう。

レバ50倍レバ100倍レバ200倍
ドル円650円1,300円2,600円
トルコリラ3,250円6,500円13,000円
メキシコペソ5,000円10,000円20,000円

レバレッジ100倍なら、スワップポイントもレバレッジ100倍になります。

レバレッジ100倍のメリット

レバレッジ100倍トレードのメリットは、少ない証拠金で取引できること、複数の通貨にリスクヘッジでることです。

例えば、自己資金10万円で10万円分の取引をするなら1つの通貨ペアしか注文できません。

しかし、レバレッジを活用すれば、1つの通貨ペアに必要な証拠金が少なくなるので、残りを他の通貨ペアに投資できます。

全額を単一の通貨ペアに投資するよりも、複数の通貨ペアに分散した方がリスク管理として適切でしょう。

レバレッジ100倍トレードのデメリット

レバレッジ100倍トレードのデメリットは、ポジションを見誤ると強制ロスカットされること、スリッページの影響が大きくなることです。

①ポジションを大きくするとすぐにロスカットになる

ロット数を見誤って取引すると、すぐに強制ロスカットとなってしまいます。

ある程度の証拠金を預けて取引をはじめると、最初にこんなたくさんのロット数で取引できるのかと驚くほどハイレバレッジ取引というのは自分の証拠金以上で取引できるのです。

でも、ハイレバレッジだからとポジションを持ちすぎると、大きな相場変動で一気に強制ロスカットとなってしまいます。

強制ロスカットを阻止するには証拠金に応じた適切なポジション維持が大切です。

②スリッページの影響が大きくなる

スリッページの影響が大きくなるというデメリットもあります。

スリッページとは決済の注文時と約定時の相場のズレで、このズレが思わぬ損失をもたらすケースがあります。

ハイレバ取引で大きなポジションを保有していると、スリッページによる決済額のちょっとしたズレも大きくなります。

スリッページによる大損害を阻止するべく必ずストップ注文をかけておきましょう。

レバレッジ100倍のトレードのやり方・スワップポイント手法を極めろまとめ

レバレッジ100倍のトレードではスキャルピングやスワップ狙いがおすすめです、

取引量をレバレッジで増やせば大きな利益を狙えますし、必要証拠金をレバレッジで減らせば少ない資金で取引ができます。

ただし、取引量をレバレッジで大きくすればその分ロスカットのリスクが高まる、適正な資金管理が必要といった注意点もあります。

初心者にはリスクを伴うレバレッジ100倍のトレードは、少しずつレバレッジを上げていく、必要証拠金を減らすためにレバレッジを使うのがおすすめです。

関連記事 海外FXレバレッジ比較おすすめ業者はココ

【20,000円もらえる】スプレッドが極狭!GEMFOREXがおすすめ

海外FX業者を10社ほど利用してみましたが、GEMFOREXが一番出金が早く信頼できる業者です。 また、どの通貨もスプレッドが極狭でスプレッド14社比較でもTOP! 口座開設するだけで20,000円のボーナスがもらえるので、お試しトレードしてみましょう!関連記事【海外FXおすすめ22社比較】口コミ評判が良い海外FXおすすめ人気業者はココだ!
タイトルとURLをコピーしました