【レバレッジ1000倍】トレードのやり方・スワップポイント手法を極める

海外FXレバレッジ1000倍海外FXの知識

レバレッジ1000倍は、海外FX業者の中でも超がつくハイレバレッジなので取引できる業者も限られてきます。

ハイレバレッジは、些細なレートの動きでも大きな利益を得るチャンスがありますが、一瞬で大きなマイナスを被るリスクもあります。

そこで今回は、レバレッジ1000倍のトレードのやり方、必要証拠金の計算式、スワップポイント手法まで徹底解説します。

レバレッジ1000倍トレードの特徴

レバレッジ1000倍は短期間で大きな利益が狙うことができます。

単純に取引量を1000倍にすれば利益も1000倍なので、少ない自己資金で一攫千金を狙えます。

レバレッジ1000倍を使って取引する場合、短期売買手法であるスキャルピングが基本でしょう。

スキャルピングとは、数十秒から数分以内でポジションを保有し、1回あたりの取引で数pipsの利益を狙う手法です。

海外FXでは、ハイレバレッジとスキャルピングを掛け合わせるのが主流であり、また、スキャルピングにはトレンドに影響されずに取引できるという利点があります。

スキャルピングのメリットは、レートが細かく上下する相場に強いこと、ポジション保有期間が短く大きな損やロスカットのリスクが低いことです。

1000倍レバレッジのポジションを長く保有するのは精神的にもきついですが、スキャルピングなら長くとも数分以内で決済するので心理的負担も少なくてすみます。

レバレッジ1000倍の必要証拠金

レバレッジ1000倍の必要証拠金の計算をしてみましょう。

必要証拠金の計算式はこちらになります。

必要証拠金=為替レート×取引量÷レバレッジ

例えば、ドル円が1ドル=100円のときにレバレッジ1000倍で1ロット(100,000通貨)を購入するとします。

では、レバレッジ1000倍も計算してみましょう。

レバレッジ1000倍の必要証拠金
  • レバレッジ1000倍…100円×1ロット(100,000通貨)÷レバレッジ1000倍=10,000円

レバレッジが上がるにつれ証拠金の金額が減っていることがわかります。

【ドル円のレバレッジ別の必要証拠金】
レバレッジの倍数1ロット(100,000通貨)の必要証拠金
1倍1,000万
2倍500万
3倍333万
4倍250万
5倍200万
10倍100万
25倍40万
50倍20万
100倍10万
200倍50,000万
300倍33,333円
400倍25,000円
500倍20,000円
888倍11,261円
1000倍10,000円
3000倍3,333円
5000倍2,000円

レバレッジ1000倍トレードの損益

10万円の資金で取引する場合、レバレッジ1000倍だとどのような損益が出るかシミュレーションしてみましょう。

1ドル100円で買いポジションを取った場合、1億円分(100万通貨分)の取引ができます。

  • 101円になった⇒(101円-100円)×1000=100万円の利益
  • 99円になった⇒(100円-99円)×1000=100万円の損失

実際には100万円の損失までいくまでにロスカットがかかります。

また、10万円を上回る損失が出て口座がマイナスになってもゼロカットで支払う必要がありません。

レバレッジ1000倍のスワップポイントの計算式

レバレッジ1000倍のスワップポイントの計算をしてみましょう。

【レバレッジ1倍のスワップポイント表】

通貨レート必要証拠金スワップ(日)スワップ(年)年間利回り
ドル110円1,075,000円13円4,745円0.4%
トルコリラ16円157,500円65円23,725円15%
メキシコペソ5円475,000円100円36,500円7%

※ドル円とトルコリラは10,000通貨、メキシコペソは100,000通貨で計算

レバレッジ1倍のスワップポイントは、一日あたりドル円は13円、トルコリラは65円、メキシコペソは100円になります。

では、レバレッジ1倍と同じ必要証拠金を使った場合の、レバレッジ1000倍の1日あたりのスワップポイントを計算してみましょう。

レバ888倍レバ1000倍レバ3000倍
ドル円11,544円13,000円39,000円
トルコリラ57,720円65,000円195,000円
メキシコペソ88,800円100,000円300,000円

レバレッジ1000倍なら、スワップポイントも1000倍になります。

ハイレバレッジだと少しの相場変動でロスカットにかかる可能性があるので、長期で保有しないといけないスワップポイントを狙った手法はやめておきましょう。

レバレッジ1000倍のメリット

レバレッジ1000倍のメリットは、スキャルピングとの相性が良いことと複利運用しやすいことです。

①短期間で大きな利益が狙える

取引量を増やし短期間で大きな利益が狙えるのがレバレッジ1000倍のメリットです。

取引量を1000倍にすれば利益も1000倍なので、少ない自己資金で一攫千金を狙えます。

レバレッジ1000倍のデメリットは、長期的なポジションを持ちづらいことです。

大きな利益を狙える反面、レートが逆行すると大きな含み損を抱えロスカットのリスクが高まるので、デイトレードやスイングトレードには向きません。

少しの値動きでもロスカットのリスクがあるため、レート変動の激しい通貨ペアやレート変動の激しいタイミングでの取引にも不向きでしょう。

②複利運用しやすい

複利運用とは、発生した利益を次の取引の資金に上乗せしどんどん利益を増やしていく手法のことです。

レバレッジ1000倍で複利運用すれば、短時間でも大きな利益が狙えるでしょう。

たとえば、15日間連続で10pipsの利益を出せれば、10万円の資金を1000万円までアップさせられ、レバレッジ1000倍なら少ない資金で大きな利益が狙えるというわけです。

レバレッジ1000倍のデメリット

レバレッジ1000倍のデメリットは、レートが予想と逆行すると瞬時に資金を失う可能性があることです。

大きな利益を狙える反面、レートが逆行すると大きな含み損を抱えロスカットのリスクが高まるので、デイトレードやスイングトレードには向きません。

少しの値動きでもロスカットのリスクがあるため、レート変動の激しい通貨ペアやレート変動の激しいタイミングでの取引にも不向きでしょう。

レバレッジ1000倍のレバレッジで絶対に必要なのはゼロカット

レバレッジ1000倍をかける上で絶対に外せないのがゼロカットです。

たとえば、証拠金1万円で、1ドル100円、取引量100通貨のとき、レバレッジ1000倍だと100万の取引量に増やすことができ、1円の値動きが発生すると100万円の利益を得られる計算です。

逆に、予想とは反対方向に1円の値動きが発生すると、一瞬でマイナス100万円の損失を出します。

急に相場変動が起こり、ロスカットが間に合わないと、証拠金1万円-300万円の-299万という負債を抱えることになります。

追証ありの業者では299万円を業者に返済しなければなりませんが、ゼロカットシステムの海外FX業者なら0円を下回ったマイナスは払わなくても大丈夫です。

レバレッジ1000倍というハイレバレッジを使うなら、ゼロカット採用の業者を選び安心して取引しましょう。

レバレッジ1000倍を使う必要性はない

ハイレバレッジを使うと、1pips値下がりするだけで元手の損失が生じ、どれ程証拠金維持率の低い海外FX業者でも1pipsの値動きに耐えられずロスカットとなります。

実際の取引では1pipsというと小さな誤差の範囲くらいの数字です。

ゼロカットがあればもちろん借金を抱えることはありませんが、それでもポジションを持ってすぐにロスカットしてしまうならハイレバレッジを使うメリットがありません。

レバレッジをウリにしている業者は「〇倍」という数字でハイレバレッジをいわば宣伝しているのです。

ですから、高いレバレッジが使えるからと必ずしも最大のレバレッジを使っているトレーダーはそう多くはいません。

長期ポジション保有前提のスワップポイント狙いなら10~100倍のレバレッジが最適でしょう。

レバレッジ1000倍のトレードはデモトレードで慣れよう

国内FXに慣れているトレーダーがいきなり海外FXでレバレッジ1000倍をかけるのはリスクが高すぎます。

まずは、ハイレバレッジがどんなものか、デモ口座でデモトレードおこない練習するのがおすすめです。

デモトレードでは仮想のお金ながら実際の取引ツールで取引できますし、レバレッジ1000倍可能な海外FX業者なら、ハイレバレッジを使ってのデモトレードが可能なはずです。

仮想のお金がすぐになくなるなら、レバレッジ1000倍をうまく操れていないということですから、レバレッジを引き下げて運用しながらちょっとずつレバレッジを上げていくのがいいでしょう。

1000倍レバレッジのトレード手法は短期売買が基本

1000倍レバレッジとなると、些細なレートの動きでも大きな利益を得るチャンスがありますが、反面、一瞬で大きなマイナスを被るリスクもあります。

1000倍レバレッジを使って取引する場合、短期売買手法であるスキャルピングが基本でしょう。

スキャルピングとは、数十秒から数分以内でポジションを保有し、1回あたりの取引で数pipsの利益を狙う手法です。

長期的にポジションを保有すると、ちょっとしたレートの動きで含み損が増えてロスカットしてしまいますから、1000倍というハイレバレッジ取引では短期売買以外は考えられません。

億単位の稼ぎを出すプロトレーダーの多くは、ハイレバレッジとスキャルピングを掛け合わせていることがほとんどです。

スキャルピングが許されている業者を選ぼう

ハイレバレッジを活かした取引手法として代表的なのはスキャルピングです。

ただし、スキャルピングを禁止している業者もあり、近視業者でスキャルピングをおこなうと口座凍結や出金拒否など重いペナルティを課せられることがあります。

海外FXの利益はスプレッドだから取引回数の多いスキャルピングは業者にとってメリットが多いようにも考えられますが、一方、スキャルピングはサーバーに負荷をかけシステムエラーやスリッページのリスクが上がる側面もあるのです。

このため、サーバー強度に自信のない業者はスキャルピングを禁止にせざるを得ません。

逆に言えば、ハイレバレッジでもスキャルピングを許容している業者のサーバー強度は強く、約定率も高い傾向にあると言えます。

レバレッジ1000倍ならGEMFOREXがおすすめ

最大レバレッジの高い海外FX業者の中でも、特に初心者におすすめしたいのがGEMFOREXです。

バヌアツ共和国に本社があり香港に支社を置く中堅どころのFX業者で、最大の特徴は最大レバレッジ1000倍という高さです。

この数字は、海外業者の中でもトップクラスでこれだけでGemforex を選ぶトレーダーも少なくありません。

もちろん、初心者が急にハイレバレッジ倍で取引するのは無茶ですが、FXに慣れてくるにしたがい少しずつレバレッジを上げていってもよいので、最初から最大レバレッジの高い業者を選んでおくと良いでしょう。

海外FXメガのおすすめ業者はGEMFOREX

 
スプレッドドル円1.2pips約定率99.79%
レバレッジ1,000倍ゼロカット
取引手数料無料ロスカット水準50%
口座開設するだけで20,000円のボーナスがもらえるので、入金なしで即トレードができます!関連記事【海外FXおすすめ20社比較】評判が良い海外FXおすすめ人気業者はココだ!
タイトルとURLをコピーしました