iFOREX(アイフォレックス)の評判と出金方法&入金方法とアイフォ戦士とは何者か | 海外FXメガ
【全20社以上】海外FXおすすめ業者ランキングはこちら

iFOREX(アイフォレックス)の評判と出金方法&入金方法とアイフォ戦士とは何者か

iFOREX

iFOREXはロスカット水準が低く、少額の資金で取引を希望するトレーダーからの人気が高い海外FX業者です。

海外FX業者iFOREXは創業24年と長い歴史を持っていて、愛用しているトレーダーは別名「アイフォ戦士」と呼ばれています。

追証なしでゼロカットシステムを採用し、ロスカット水準0%、変動スプレッドなどの高いスペックを持っているのが老舗FX業者iFOREXなのです。

そこで今回は、iFOREXの評判口コミをチェック!噂のアイフォ戦士の究明と出金拒否や入金方法&出金方法まで徹底解説します。

\100+25%入金ボーナス/

iFOREXの公式サイトはこちら

アイフォ戦士とは一体何者!?

アイフォ戦士とは、400倍レバレッジ×1日10回未満のスキャルピングをおこなうトレーダーのことです。

デイトレに慣れたら、ぜひアイフォ戦士を目指すのもありです。

しかし、iFOREXはスキャルピング禁止業者なので、ハイレバレッジでの短期売買はNGです。

ただし、iFOREXが定義するスキャルピングは1日10回から数百に及ぶ取引で、これを超えなければ短期売買も問題ないということです。

IFOREXがスキャルピングを禁止していることを知らずにスキャルピングしているトレーダーもいるようですが、見つかると厳しいペナルティをかせられますから気をつけてください。

 

iFOREXの評判口コミ

iFOREXの魅力は、最大400倍レバレッジと口座残高によるレバレッジ制限がないことです。

スキャルピングと自動売買禁止なのはデメリットですが、狭いスプレッド、ロスカットしにくい、とハイレバ取引の環境はバッチリです。

ただし、マイナー通貨やCFD銘柄の場合はレバレッジ制限がかかりますから、あらかじめ自分の取引したい銘柄のレバレッジを確認しておきましょう。

iFOREXはスプレッドこそ狭めですが、MT4やMT5を使えない、スキャルピング制限、最大レバレッジ400倍、DD方式採用など、デメリットも多い業者です。

 

iFOREXのレバレッジ

多くの海外FX業者では複数口座タイプを提供していますが、iFOREXの場合は通常口座1つだけです。

通常口座の取引手数料は無料、最大レバレッジは400倍、最低入金額は1万円、スプレッドは1.0pipsからです。

通常口座
最大レバレッジ400倍
最低入金額1万円
スプレッド(ドル円)1.0pips

レバレッジと取引量はごく平均的なものの、取引コストはかなり抑えられ、また口座タイプが一つなので迷う必要がなくシンプルです。

また週末になると、iFOREXでは取引時間外レバレッジ倍率というものが適用されています。

取引時間外になると最大レバレッジは「400倍→200倍」「200倍→100倍」と通常よりも低くなるので、証拠金の維持率が下がっていくことに注意しましょう。

口座残高によるレバレッジ制限

口座残高によるレバレッジ制限

iFOREXでは口座残高によるレバレッジ制限はないです

口座残高でレバレッジ制限がかかると、必要証拠金が多くなり証拠金維持率が低下しますから、ロスカットになるリスクが高まります。

レバレッジ制限があるといつも口座残高を気にしながら取引せねばなりませんが、iFOREXならたとえ口座残高が1000万円になっても何も気にせずハイレバ取引を続けられます。

最大レバレッジ400倍という数字は確かにそれほど高いものではありませんが、口座残高で制限がかかるほかの海外FX業者だと結局それよりレバレッジが低くなるところも多いです。

iFOREXと他業者の最大レバレッジを比較

iFOREXと他業者の最大レバレッジを比較

iFOREXと他の海外FX業者をレバレッジで比較してみましょう。

最大レバレッジレバレッジ制限
iFOREX400倍なし
GEMFOREX5000倍200万円以上で500倍
FBS3000倍・20万円以上で1000倍

・50万円以上で500倍

・300万円以上で200倍

AXIORY400倍・1000万円以上で300倍

・2000万円以上で200倍

TITANFX500倍なし
XM888倍・200万円以上で200倍

・1000万円以上で100倍

FXPRO500倍なし

最大レバレッジに大きな数字を掲げる業者は多いですが、レバレッジ制限がかかったあとの数字でいうと、iFOREXはGEMFOREXの次にレバレッジの高い業者です。

海外FXでは急激に大きな利益を得て口座残高が一気にアップすることも多々ありますから、

海外FX業者のレバレッジを比較する際は、口座残高によるレバレッジ制限後の最大レバレッジを気にする必要があるでしょう。

マイナー通貨のレバレッジ

マイナー通貨のレバレッジ

IFOREXの最大レバレッジ400倍は主要通貨への数字であり、マイナー通貨の場合はレバレッジ20~200倍に制限されます。

通貨ペア最大レバレッジ
ドル/人民元20倍
ユーロ/インドルピー25倍
ドル/チリペソ50倍
ドル/ルーブル50倍
スイス/トルコリラ200倍
トルコリラ/円200倍
ポンド/トルコリラ200倍

マイナー通貨ペアは値動きが大きくそもそもハイレバ取引するリスクが高すぎるからです。

400倍レバレッジを使いたいなら、ドルや円、ユーロ、オーストラリアドル、ポンドなど主要通貨同士のペアを選んでください。

CFD取引のレバレッジ

銘柄最大レバレッジ
株価指数200倍
株式40倍
ETF40倍
仮想通貨40倍

iFOREXではFXだけでなくCFD取引も可能ですが、CFD銘柄のレバレッジは10~200倍です。

ですが、CFD銘柄はもともと値動きが大きく、10~200倍のレバレッジでも十分利益を得られるでしょう。

EA自動売買のレバレッジ

EA自動売買のレバレッジ

ハイレバレッジやスプレッドの狭さなど自動売買に最適な取引環境のiFOREXですが、残念ながらMT4やMT5未対応なのでEAでの自動売買はできません。

iFOREXのプラットフォームFXnet Viewerも自動売買機能未搭載で、公式サイトでも自動売買禁止と記載されています。

レバレッジ×EA自動売買取引を希望する場合は、MT4やMT5対応のほかの海外FX業者を選びましょう。

iFOREXを裁量取引専用口座として、ほかの海外FX業者を自動売買口座にするのもおすすめです。

iFOREXのレバレッジを確認・設定する方法

iFOREXのレバレッジを確認・設定する方法

IFOREXで自分が取引する通貨ペアや銘柄の最大レバレッジを確認するには、まずiFOREXの会員ページにログインします。

次に、銘柄の注文方法を開き最大レバレッジを確認しましょう。

銘柄欄に「1:400」と記載されていれば400倍、「1:200」と記載されていれば200倍のレバレッジということです。

実効レバレッジは確認できないので、レート×取引量÷有効証拠金=レバレッジの計算式で自分で計算します。

たとえば、1ドル100円の手持ちで1万通貨の取引をおこなうとすると、有効証拠金10万円ならレバレッジは、100円×1万通貨÷10万円の計算で10倍ということです。

レバレッジをさらに上げたいなら、は1万通貨を10万通貨にすれば10倍から100倍、有効証拠金を10万円から1万円にすれば10倍から100倍となります。

 

iFOREXのスプレッド

iFOREXのスプレッドは、通貨ペアによっては業界最狭スプレッドと宣伝しており、特定の通貨に関してはスプレッドに自信があるようです。

iFOREXの口座は1タイプのみ、またMT4/MT5非対応で、独自プラットフォームとなっています。

標準
USD/JPY0.9
EUR/JPY1.7
GBP/JPY2.5
EUR/USD0.8
GBP/USD1.5

以前は固定スプレッドでほかと比べて広めのスプレッドだったiFOREXですが、今では変動スプレッドで前より狭いスプレッドを実現しています。

iFOREXでのスプレッドについて、ドル円とユーロドルは1pipsを下回り海外FX業者の中でもトップクラスの狭さです。

ただしこの数字はあくまで平均スプレッドであり、市場の状況などによりスプレッドが広がることもあります。

【STP口座】iFOREXと他業者のスプレッド比較

【STP口座】iFOREXと他業者のスプレッド比較

iFOREXと他業者のSTP口座を比較してみました。

iFOREXGEMFOREXXMTITANFX
USD/JPY0.91.61.61.3
EUR/JPY1.71.71.51.3
GBP/JPY2.52.13.52.45
AUD/JPY3.01.63.02.4
EUR/USD0.81.61.61.2
iFOREXのスプレッドが広がる時間帯のスプレッド比較

iFOREXのスプレッドが広がる時間帯のスプレッド比較

スプレッドが広がりやすい時間帯のスプレッドを比較してみます。

  • 早朝…3大市場が閉まっている時間帯
  • 休み明け…休み明けの月曜日の早朝
  • 経済指標発表…雇用統計やFRB金融政策発表
早朝休み明け指標発表
USD/JPY13.08.24.5
EUR/JPY28.014.05.9
GBP/JPY42.023.011.2
EUR/USD7.07.25.3
iFOREXのスプレッドの口コミ評判

iFOREXのスプレッドの口コミ評判

海外FX業者のなかでもiFOREXのスプレッドは狭い方で、とくにドルストレートの通貨ペアのスプレッドはトップクラスです。

これはiFOREXがDD方式を採用しているためで、また、宣伝のためにスプレッドを狭くしているとも考えられます。

iFOREXは2018年まで固定スプレッドを採用していましたが、今では変動スプレッドとなりスプレッドが大幅に下がりました。

もしかしたら、スプレッドを固定から変動に変更した際に、狭いスプレッドをアピールするためにプロモーションの意味を込めてドル系のスプレッドを狭くしたのかもしれません。

ただし、変動スプレッドですから、常に狭いスプレッドというわけではなくいつもスプレッドの動向に注意を払う必要があります。

 

iFOREXのボーナス

iFOREXでは初回入金100+25%の入金ボーナスを実施しており、入金額の100%(上限10万)でそれを超えた分は25%のボーナスをもらえます。

つまり、最大で20万のボーナスをもらうことができます。

また、年利3%の利息受け取りが可能なキャンペーンが常時開催されています。

新たに口座を開設する新規顧客が対象者で、10万~1,500万円の入金額で取引を開始することが条件です。

既にiFOREXで口座を開設し利用している既存顧客の場合、例え10万円から1,500万円の資金を入金してもキャンペーンの適用対象外と扱われてしまいます。

受け取った利息はFX取引に使用できるだけでなく、引き出して現金に換えることも可能です。

iFOREXボーナス攻略!アイフォレックス入金ボーナス&年利3%利息キャンペーンを解説
iFOREXのボーナスは、100%+25%の入金ボーナスや年利3%利息キャンペーンを実施しています。 入金ボーナスの初回入金の後に口座の有効保有額が10万円を超えていれば、毎月年利3%の利息分が返戻されます。 証拠金が10万くら...

 

iFOREXの入金方法

iFOREXの入金方法はクレジットカード、bitwallet、海外銀行送金の3種類があります。

どの入金方法を選んだ場合でも、手数料は全く発生しません。

しかしbitwalletを経由して入金する際には、bitwalletで手数料が一律100円発生します。

一律100円であるため入金額に関係なく100円必要という点を頭に入れておきましょう。

同じように海外銀行送金も銀行に手数料を支払わなければいけません。

3種類の入金方法の中では、bitwalletが最もおすすめです。

早ければ即時、どんなに時間がかかっても営業日には24時間以内で入金額の口座への反映が完了します。

入金時に100円の手数料が発生しますが、入出金は同じ方法で行わなければいけません。Bitwalletなら入出金の際に最もトータルコストを節約できます。

 

iFOREXの出金方法

iFOREXの出金方法は、入金方法と同じくbitwallet、クレジットカード(デビットカード)、海外送金の3種類です。

クレジットカードを用いて出金するのであれば、口座の入金額まで制限されています。

すなわち口座に入金するお金が50万円だった場合、出金が可能なのは50万円ということなのです。

また海外送金を利用するのであれば、出金額が10万円未満だと4,500円の手数料が発生してしまいます。

出金手数料を節約したい場合じゃ、海外送金なら10万円以上まとめての出金もしくはクレジットカードの利用がおすすめです。

最もおすすめなのはやはりbitwalletを用いた出金方法です。

iFOREXより国内の銀行口座に資金を移動させるのであれば、bitwalletを経由すると手間が増えるのですが、出金の上限額がなく手数料が最も節約できるメリットを持っています。

 

iFOREX評判①20年以上の運営実績がある

1996年に設立されてから20年以上の長い運営実績を持つiFOREXです。

FX業者において運営実績や歴史の長さはFX業者の信頼性を確かめる指標の1つになります。

近年ではインターネットやSNSなどが普及してきたこともあり、FX業者に対して悪い噂が立つと簡単に広まってしまいやすいです。

悪いうわさが広まったFX業者は、利用者が徐々に減っていき運営の継続が困難になってしまいます。

そのため長い歴史を持つ運営実績の大きな海外FX業者は、比較的悪い評判や口コミが少なく、優良業者と判断できる可能性が高いです。

 

iFOREX評判②信頼できるライセンス

iFOREXは「英国領バージン諸島の金融サービス委員会(BVI FSC)」で高い信頼性を持つ金融ライセンスを登録している海外FX業者です。

高い信頼性のある金融ラインセンスを取得している海外FX業者は、ユーザーに高い信頼性を持っている業者であるとアピールできます。

ライセンスの種類によっては、お金を支払うだけで取得できるものもあるのです。

したがって金融ライセンスを持っているからと言って、ライセンスを取得しているすべてのFX業者の信頼性が高いとは判断できません。FX業者を選定する際には、ライセンスを取得する際に必要な審査の厳格さをチェックしてみましょう。

 

iFOREX評判③出金拒否・出金トラブルがない

iFOREXを利用したトレーダーの口コミでは、過去に出金拒否や出金トラブルが起きたいう書き込みはありませんでした。

iFOREXでは出金手続きを厳しく行うため長い時間を要しますが、そのため確実な出金が可能で、信頼性が高い言われています。

iFOREXはさまざまな面においての信頼性が高く、トラブルが起きたという報告もなく安全性が高いことが海外FX業者です。

20年ほどの長い運営実績を持っていることから、iFOREXが安全性の高いFX業者として人気が高いことにも頷けます。

悪い評判により経営破綻に追い込まれる海外FX業者も多い中、iFOREXは長い間多くのトレーダーから厚い信頼を得続けています。

 

iFOREX評判④ロスカットライン驚異の0%

iFOREXのロスカット水準の証拠金維持率は0%、つまり、自己資金がゼロになるまでロスカットされませんロスカットされません。

ロスカット水準は業者により異なり、証拠金維持率20~100%に設定されているところが多いです。

iFOREXのように証拠金維持率0%という業者はほとんどなく、iFOREXは最もハイレバ取引でロスカットしにくい業者と言えます。

また、他の海外FX業者だとポジションの決済は口座資金が0円になる前に行われますが、iFOREXの場合は より多く勝率を上げることができます。

 

iFOREX評判⑤ゼロカット採用で追証なし

iFOREXは追証なしゼロカットシステムを採用していますから、万が一ロスカットが間に合わずにマイナス残高になっても、トレーダーがそのマイナスを返済する必要はありません。

口座残高がマイナスになれば自動でゼロカットシステムが執行され、トレーダー自身が申告する必要もありません。

証拠金ギリギリまで取引できる上、マイナスを背負うリスクもないのは大きな強みと言えるでしょう。

 

iFOREX評判⑥ツールFXnetViewerが魅力

MT4を採用していないiFOREXでは、独自ツールの「FXnetViewer」を取引に使用します。

基本的にはFXnetViewerはMT4の性能は変わりません。ワンクリック注文やテクニカルチャート、取引レポートなどの利用も可能です。

そのため裁量トレードを中心に取り組む人にとっては、最適な取引ツールと言えます。

また操作方法が簡単なFXnetViewerは、海外FX未経験者にもおすすめできます。

iFOREXプレイヤーの中には、FXnetViewerをMT4よりも評価している人もいるため、MT4が使用できないことを理由にしてiFOREXを避けるのはとてももったいないです。

 

iFOREX評判⑦取引銘柄が800銘柄以上

iFOREXは海外FX業者の中でも取り扱っている取引銘柄の数が多いのが魅力的で、その種類はなんと約800以上もあります。

FX通貨ペアが84銘柄、農業・エネルギー・金属が13銘柄、仮想通貨が18銘柄、株式が657銘柄、株式指数が35銘柄とさまざまな種類が用意されています。

この取引銘柄の多さは、FX業者の中でもトップクラスです。

 

iFOREX評判⑧両建てが可能なFX業者

海外FX業者iFOREXでは両建てが可能です。

同じ通貨ペアや数量で同時に買いポジションと売りポジションを保有することを両建てと呼んでいます。

iFOREXで両建てを行う場合、マイナスを可能な限り抑えられるメリットを持っているのです。

また両建ては相場の動きが読めないタイミングで行うのもいいでしょう。次第に相場の方向性がわかるようになっていきます。

その際に前もってポジションを保有できていることで、含み損のポジションを決済し育てることが可能です。

しかし損切りを行うタイミングを間違えると、損失が発生する危険性もあります。そのため高額での両建ては控えてください。

両建ては簡単に使いこなせる手法ではないため、海外FX未経験者の方や両建てに挑戦したことがない人は、小額から始めるのがおすすめです。

 

iFOREX評判⑨日本語サポートが充実

日本語サポートがかなり充実しています。

iFOREXは20年間の運営歴の中で日本人へのサポート体制に注力してきたため、優秀な日本語サポート体制が整っています。

iFOREXでサポートを行っている日本語サポート専属スタッフは、海外FXの知識を深く理解し、さまざまな質問に日本語で対応してくれます。

iFOREXの日本語サポートはメールに限らず、電話やチャット、FAXでも対応が可能です。
自分に合った方法で気軽に質問できるのは魅力的ですね。

 

iFOREX評判⑩情報サービスが便利

マーケット情報

iFOREXの公式サイトは、毎日市場の情報記事を更新しています。

更新される記事には1週間の経済や市場の振り返り、為替相場の動向などが記載されているのです。

雇用統計後には、雇用統計に関する分析を記事にすることもあります。

これらの情報そのものは口座を開設していない人でも閲覧可能です。

VIPシグナルサービス

大手投資調査会社「Trading Central SA」が提供している相場を予想するサービスがVIPシグナルサービスです。

各銘柄ごとに当日の予測や週間予想、一ヶ月予想を確認できます。

毎日全てのチャートをチェックするのは難しくても、各通貨ペアの動向を知り相場の流れを掴めます。

 

iFOREXの4つの悪い評判

信託保全がない

iFOREXが取得している金融ライセンスでは、信託保全が義務付けられていないのです。

信託保全は資金管理の安全性が高いメリットがあるのですが、iFOREXでは信託保全により資金を管理することができません。

「ユーザーがFX業者に預けた資金」と「FX業者の運営資金」を別々に管理する分別管理だけ実施されているされている状態です。

分別管理を採用しているFX業者であれば、もしもFX業者が倒産したとしてもユーザーは資金が返されない危険があるのです。

資金管理面での安全性が低い点は、iFOREXが持つデメリットの1つです。

 

iFOREXはスキャルピングが禁止

iFOREXではスキャルピングが禁じられていて、iFOREXの取引規約にも実際にスキャルピングが禁じられていると記載されていました。

iFOREXのスキャルピングでは、1日10回以上の取引を実施することが定義とされています。

iFOREXで1日10回以上の取引を行うとスキャルピングと判断されるため、警告または口座凍結などのペナルティの対象にもなるのです。

仮にスキャルピングと思っていなくて10回を超えた場合には、ペナルティの対象と判断されてしまいます。

その一方で10回以内の短期売買の場合は、スキャルピングとはなりません。

そのため1日10回以内の短期売買しかやらない人はiFOREXの利用が可能です。

 

約定力や約定スピードを公開していない

iFOREXでは、約定力や約定スピードは公開されていません。

注文内容がしっかりと成立する力を約定力と呼び、約定力が低いFX業者の場合約定拒否などのトラブルが発生することがあるのです。

iFOREXでは公式的な約定力に関する発表は行われていません。「約定力に自身がない」ということが理由の1つでしょう。

実際に利用したトレーダーからの口コミとして、「iFOREXの約定力はイマイチ」というものもありました。

そのため約定力や約定スピードを目的としてトレーダーには、iFOREXはおすすめできません。

 

MT4の利用が不可能

世界中で多くのトレーダーに利用されているMT4ですが、 iFOREXは対応していないため利用できません。

しかしiFOREX ではMT4の代わりに、iFOREX独自の取引プラットフォーム「FXnetViewer」が用意されています。MT4より使いやすいと実際に利用したトレーダーから高い評価を受けています。

そのためMT4を使い慣れている人にとっては、大きなデメリットだと言えるでしょう。

MT4は豊富なインジケーター・自動売買ソフトを取り揃えていますが、iFOREXの独自ツールFXnetViewerもとても優秀な取引ツールなので安心して利用してください。

 

iFOREX(アイフォレックス)の評判と出金方法&入金方法とアイフォ戦士とは何者かまとめ

iFOREXは1997年設立のiFOREXは20年以上の歴史ある海外FX業者で、日本人向けサービスを長年提供し、多くの日本人トレーダーから高評価を得ています。

運用年数が長いほど安全性が高いと評価されているため、多くのトレーダーから人気があります。

安全性の高いiFOREXは、FX中上級者のみならず未経験のトレーダーにもおすすめできるFX業者なのでボーナスを利用して利用してみましょう。

iFOREXの公式サイトはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました