【iFOREXの評判】ボーナス・スプレッド・レバレッジを徹底解説

海外FX業者の評判

iFOREXは1997年設立のiFOREXは20年以上の歴史ある海外FX業者で、日本人向けサービスを長年提供し、多くの日本人トレーダーから高評価を得ています。

最大レバレッジは400倍でハイレバ取引するトレーダーはアイフォ戦士と呼ばれ、国内トレーダーからも大人気です。

iFOREXのスプレッドは、通貨ペアによっては業界最狭スプレッドと宣伝しており、特定の通貨に関してはスプレッドに自信があるようです。

また、iFOREXのボーナスは、100%+40%の入金ボーナスや40%キャッシュバックを定期的に実施して今う。

そこで今回は、iFOREXの評判口コミをチェック!ボーナス・レバレッジ・スプレッドについて解説します。

iFOREXのボーナス

入金ボーナス(100%+40%ボーナス)

iFOREXの入金ボーナスは100%と40%の2段階です。

初回入金額10万円までは100%の入金ボーナスをもらえ10万円を超えると40%の入金ボーナスとなります。

iFOREXの入金ボーナスはトレーディングチケットでもらう形になります。

  • 7日以上取引がないとボーナスが消滅する
  • ボーナスそのものが出金不可
  • 出金割合によってボーナスが消滅する
  • 40%ボーナスはサポートに申請が必要

トレーディングチケットをもらったあとその口座で7日連続取引がないとトレーディングチケットが消滅してしまうので注意してください。

なおこの場合の取引とは、入金、新規ポジションの注文、未決済ポジションの保持で、どれかの取引をしていれば大丈夫です。

ボーナスを現金として出金することはできず、ボーナスを利用して得た利益を出金します。

トレーディングチケットが付与された口座から少しでも出金すると、金額に応じたトレーディングチケットが自然消滅します。

出金後の口座残高の2分の1になるようトレーディングチケットが消滅しますので注意しましょう。

100%ボーナスは自動付与されますが40%ボーナスは申請が必須と、2つのボーナスではもらいかたが違いますので気をつけましょう。

とくに初回に10万円以上入金する場合は、忘れず40%ボーナスの申請をしてください。

年利3%の利息キャッシュバックキャンペーン

年利3%の利息キャッシュバックキャンペーンは、入金した資金にちょうど銀行のような年利息3%がつきます。

10~1,500万円入金し取引すれば、証拠金残高に対して年利息3%もらえます。

利息付与のタイミングは毎月5日で、前月分の利息が口座に自動付与される仕組みで、利息は証拠金として利用できるほか、現金としての出金も可能です。

ほかのボーナスと比べれば金額は知れていますが、それでも日本国内の銀行に貯金しておくよりかなり大きな数字でしょう。

年利3%の利息キャッシュバックキャンペーンは、既存顧客は適用外で30日以内の取引活動が必要です。

残念ながら、すでにiFOREXの口座を保有している場合はいくら入金しても年利3%利息キャッシュバックは適用されません。

また、利息は30日以内に入金・ポジションの注文や決済・未決済ポジションの保持の取引があった場合のみもらえます。

ペンディングボーナス(40%キャッシュバック)

2回目以降の入金に対しては入金額の40%をキャッシュバックとして受け取れる挑戦権をもらえるのですが、この時点でもらえるのはあくまで挑戦権だけです。

実際にキャッシュバックしてもらうには、入金から3か月以内に、1ドルにつき0.5ロット(5万通貨)の取引が必要です。

もらったキャッシュバックは口座に自動付与され、申請は必要ありません。

初回の入金ボーナスと比べると条件があるとは言え、取引するとキャッシュバックされるのは大きなメリット。

しかももらったキャッシュバックは、証拠金として利用するほか現金としても出金できます。

ペンディングボーナスは、往復取引対象、挑戦権の期限が入金後3か月までという条件があります。

キャッシュバックの取引量はエントリーから決済のタイミングで決まるため、エントリーと決済の往復取引が対象。

たとえば、エントリーしても決済せず保有したままだと計算に入りません。

また、挑戦権の期限は入金から3か月後まで。この期限を過ぎると権利がなくなります。

iFOREXのスプレッドの特徴

iFOREXの口座は1タイプのみ、またMT4/MT5非対応で、独自プラットフォームとなっています。

標準
USD/JPY0.9
EUR/JPY1.7
GBP/JPY2.5
EUR/USD0.8
GBP/USD1.5

以前は固定スプレッドでほかと比べて広めのスプレッドだったiFOREXですが、今では変動スプレッドで前より狭いスプレッドを実現しています。

iFOREXでのスプレッドについて、ドル円とユーロドルは1pipsを下回り海外FX業者の中でもトップクラスの狭さです。

ただしこの数字はあくまで平均スプレッドであり、市場の状況などによりスプレッドが広がることもあります。

【STP口座】iFOREXと他業者のスプレッド比較

iFOREXと他業者のSTP口座を比較してみました。

iFOREXGEMFOREXXMTITANFX
USD/JPY0.91.61.61.3
EUR/JPY1.71.71.51.3
GBP/JPY2.52.13.52.45
AUD/JPY3.01.63.02.4
EUR/USD0.81.61.61.2

iFOREXのスプレッドが広がる時間帯のスプレッド比較

スプレッドが広がりやすい時間帯のスプレッドを比較してみます。

  • 早朝…3大市場が閉まっている時間帯
  • 休み明け…休み明けの月曜日の早朝
  • 経済指標発表…雇用統計やFRB金融政策発表
早朝休み明け指標発表
USD/JPY13.08.24.5
EUR/JPY28.014.05.9
GBP/JPY42.023.011.2
EUR/USD7.07.25.3

iFOREXのスプレッドの口コミ評判

海外FX業者のなかでもiFOREXのスプレッドは狭い方で、とくにドルストレートの通貨ペアのスプレッドはトップクラスです。

これはiFOREXがDD方式を採用しているためで、また、宣伝のためにスプレッドを狭くしているとも考えられます。

iFOREXは2018年まで固定スプレッドを採用していましたが、今では変動スプレッドとなりスプレッドが大幅に下がりました。

もしかしたら、スプレッドを固定から変動に変更した際に、狭いスプレッドをアピールするためにプロモーションの意味を込めてドル系のスプレッドを狭くしたのかもしれません。

ただし、変動スプレッドですから、常に狭いスプレッドというわけではなくいつもスプレッドの動向に注意を払う必要があります。

iFOREXのレバレッジ

通常口座
最大レバレッジ400倍
最低入金額1万円
スプレッド(ドル円)1.0pips

多くの海外FX業者では複数口座タイプを提供していますが、iFOREXの場合は通常口座1つだけです。

通常口座の取引手数料は無料、最大レバレッジは400倍、最低入金額は1万円、スプレッドは1.0pipsからです。

MT4あるいはMT5には未対応で、独自プラットフォームFXnet Viewerに対応しています

レバレッジと取引量はごく平均的なものの、取引コストはかなり抑えられ、また口座タイプが一つなので迷う必要がなくシンプルです。

口座残高によるレバレッジ制限

iFOREXでは口座残高によるレバレッジ制限をないです

口座残高でレバレッジ制限がかかると、必要証拠金が多くなり証拠金維持率が低下しますから、ロスカットになるリスクが高まります。

レバレッジ制限があるといつも口座残高を気にしながら取引せねばなりませんが、iFOREXならたとえ口座残高が1000万円になっても何も気にせずハイレバ取引を続けられます。

最大レバレッジ400倍という数字は確かにそれほど高いものではありませんが、口座残高で制限がかかるほかの海外FX業者だと結局それよりレバレッジが低くなるところも多いです。

iFOREXと他業者の最大レバレッジを比較

iFOREXと他の海外FX業者をレバレッジで比較してみましょう。

最大レバレッジレバレッジ制限
iFOREX400倍なし
GEMFOREX5000倍200万円以上で500倍
FBS3000倍・20万円以上で1000倍

・50万円以上で500倍

・300万円以上で200倍

AXIORY400倍・1000万円以上で300倍

・2000万円以上で200倍

TITANFX500倍なし
XM888倍・200万円以上で200倍

・1000万円以上で100倍

FXPRO500倍なし

最大レバレッジに大きな数字を掲げる業者は多いですが、レバレッジ制限がかかったあとの数字でいうと、iFOREXはGEMFOREXの次にレバレッジの高い業者です。

海外FXでは急激に大きな利益を得て口座残高が一気にアップすることも多々ありますから、海外FX業者のレバレッジを比較する際は、口座残高によるレバレッジ制限後の最大レバレッジを気にする必要があるでしょう。

マイナー通貨のレバレッジ

IFOREXの最大レバレッジ400倍は主要通貨への数字であり、マイナー通貨の場合はレバレッジ20~200倍に制限されます。

通貨ペア最大レバレッジ
ドル/人民元20倍
ユーロ/インドルピー25倍
ドル/チリペソ50倍
ドル/ルーブル50倍
スイス/トルコリラ200倍
トルコリラ/円200倍
ポンド/トルコリラ200倍

マイナー通貨ペアは値動きが大きくそもそもハイレバ取引するリスクが高すぎるからです。

400倍レバレッジを使いたいなら、ドルや円、ユーロ、オーストラリアドル、ポンドなど主要通貨同士のペアを選んでください。

CFD取引のレバレッジ

銘柄最大レバレッジ
株価指数200倍
株式40倍
ETF40倍
仮想通貨40倍

iFOREXではFXだけでなくCFD取引も可能ですが、CFD銘柄のレバレッジは10~200倍です。

ですが、CFD銘柄はもともと値動きが大きく、10~200倍のレバレッジでも十分利益を得られるでしょう。

EA自動売買のレバレッジ

ハイレバレッジやスプレッドの狭さなど自動売買に最適な取引環境のiFOREXですが、残念ながらMT4やMT5未対応なのでEAでの自動売買はできません。

iFOREXのプラットフォームFXnet Viewerも自動売買機能未搭載で、公式サイトでも自動売買禁止と記載されています。

レバレッジ×EA自動売買取引を希望する場合は、MT4やMT5対応のほかの海外FX業者を選びましょう。

iFOREXを裁量取引専用口座として、ほかの海外FX業者を自動売買口座にするのもおすすめです。

iFOREXのレバレッジを確認・設定する方法

IFOREXで自分が取引する通貨ペアや銘柄の最大レバレッジを確認するには、まずiFOREXの会員ページにログインします。

次に、銘柄の注文方法を開き最大レバレッジを確認しましょう。

銘柄欄に「1:400」と記載されていれば400倍、「1:200」と記載されていれば200倍のレバレッジということです。

実効レバレッジは確認できないので、レート×取引量÷有効証拠金=レバレッジの計算式で自分で計算します。

たとえば、1ドル100円の手持ちで1万通貨の取引をおこなうとすると、有効証拠金10万円ならレバレッジは、100円×1万通貨÷10万円の計算で10倍ということです。

レバレッジをさらに上げたいなら、は1万通貨を10万通貨にすれば10倍から100倍、有効証拠金を10万円から1万円にすれば10倍から100倍となります。

iFOREXのレバレッジトレードはロスカットしにくく追証もない

iFOREXのロスカット水準の証拠金維持率は0%、つまり、自己資金がゼロになるまでロスカットされませんロスカットされません。

ロスカット水準は業者により異なり、証拠金維持率20~100%に設定されているところが多いです。

iFOREXのように証拠金維持率0%という業者はほとんどなく、iFOREXは最もハイレバ取引でロスカットしにくい業者と言えます。

また、iFOREXは追証なしゼロカットシステムを採用していますから、万が一ロスカットが間に合わずにマイナス残高になっても、トレーダーがそのマイナスを返済する必要はありません。

口座残高がマイナスになれば自動でゼロカットシステムが執行され、トレーダー自身が申告する必要もありません。

証拠金ギリギリまで取引できる上、マイナスを背負うリスクもないのは大きな強みと言えるでしょう。

iFOREXのレバレッジトレードでおすすめの手法

iFOREXのレバレッジを活用したおすすめ取引手法はデイトレードです。

デイトレードとは、1日に数回ほどの取引をして翌日までポジションを持ち越さない手法です。

為替変動の影響を受けにくくその日で完結させるので、寝ている間にレートが急変動してしまうリスクがありません。

たとえば、ドル円やユーロドルなど価格変動の小さい通貨ペアなら、400倍レバレッジのデイトレードで大きな利益を狙えるでしょう。

ちなみに、アイフォ戦士と呼ばれるのは、400倍レバレッジ×1日10回未満のスキャルピングをおこなうトレーダーなので、デイトレに慣れたら、ぜひアイフォ戦士を目指すのもありです。

iFOREXはスキャルピング禁止業者なので、ハイレバレッジでの短期売買はNGです。

ただし、iFOREXが定義するスキャルピングは1日10回から数百に及ぶ取引で、これを超えなければ短期売買も問題ないということです。

IFOREXがスキャルピングを禁止していることを知らずにスキャルピングしているトレーダーもいるようですが、見つかると厳しいペナルティをかせられますから気をつけてください。

まとめ

iFOREXの魅力は、最大400倍レバレッジと口座残高によるレバレッジ制限がないことです。

スキャルピングと自動売買禁止なのはデメリットですが、狭いスプレッド、ロスカットしにくい、とハイレバ取引の環境はバッチリです。

ただし、マイナー通貨やCFD銘柄の場合はレバレッジ制限がかかりますから、あらかじめ自分の取引したい銘柄のレバレッジを確認しておきましょう。

iFOREXはスプレッドこそ狭めですが、MT4やMT5を使えない、スキャルピング制限、最大レバレッジ400倍、DD方式採用など、デメリットも多い業者です。

スプレッドが狭く、かつほかの取引条件もよい業者をお探しならGEMFOREXをおすすめします。
iFOREXの公式サイトはこちら

海外FXメガのおすすめ業者はGEMFOREX

 
スプレッドドル円1.2pips約定率99.79%
レバレッジ1,000倍ゼロカット
取引手数料無料ロスカット水準50%
口座開設するだけで20,000円のボーナスがもらえるので、入金なしで即トレードができます!関連記事【海外FXおすすめ20社比較】評判が良い海外FXおすすめ人気業者はココだ!
タイトルとURLをコピーしました