海外FXおすすめ業者はこちら

【GEMFOREXスプレッド攻略】オールインワン・ノースプレッド口座のスプレッド比較一覧をメガ鬼チェック

GEMFOREXの スプレッドの狭さは業界トップクラス、海外FXスプレッド比較ランキングでも堂々の第1位でした。

GEMFOREXのスプレッドはオールインワン口座とノースプレッド口座で違います。

ノースプレッド口座ならドル円のスプレッドが0pipsのときもあるのだとか。

そこで今回は、GEMFOREXのスプレッドについて徹底解説していきます。

GEMFOREXのスプレッド比較

GEMFOREXの口座は、オールインワン口座とノースプレッド口座の2つです。

  • オールインワン口座…STP口座(一般)
  • ノースプレッド口座…ECN口座(低スプレッド)

【GEMFOREXのスプレッド比較】※平均スプレッドで表示

オールインワン口座ノースプレッド口座
USD/JPY1.20.3
EUR/JPY1.40.5
GBP/JPY1.91.0
AUD/JPY1.60.6
EUR/USD1.20.3
AUD /USD1.60.3

他の海外FX業者のECN口座はスプレッドと別に取引手数料がかかることが多いのですが、

GEMFOREXの ノースプレッド口座(ECN口座)は取引手数料が無料です!

オールインワン口座のスプレッドの特徴

オールインワン口座は、スプレッドが一般的なSTP口座のことです。

スプレッドが一般的といっても、GEMFOREXのオールインワン口座は他の海外FX業者より断然狭いです。

オールインワン口座には、口座開設ボーナスや入金ボーナスなど様々なボーナスが準備されています。

また、オールインワン口座は最低入金額100円から取引をはじめられるので、自己資金の少ない初心者にもおすすめです。

オールインワン口座と他の業者のスプレッドを比較

GEMFOREXのオールインワン口座(STP口座)と、他の海外FX業者のSTP口座のスプレッドを比較します。

海外FX業者USD/JPYGBP/JPYEUR/USD
GEMFOREX1.62.11.6
TITANFX1.32.451.2
AXIORY1.52.71.3
BigBoss1.52.51.7
FXPro1.63.21.4
XM1.63.51.6
HotForex1.73.01.2
MiltonMarket1.72.02.4
Tradeview1.82.31.7
FBS2.04.01.1

オールインワン口座のスプレッドは、他の海外FX業者と比べてごく平均的です。

スプレッドは平均的とはいえ、GEMFOREXのオールインワン口座は自動売買システム無料使い放題や豪華なキャンペーンがほかより特出しています。

ノースプレッド口座のスプレッドの特徴

ノースプレッド口座は、スプレッドが狭いECN口座のことです。

一般的にECN口座ではスプレッドとは別に手数料がかかり、業者により異なるものの1lot取引につき0.3~1.0pips程度の手数料が必要です。

しかし、GEMFOREXのノースプレッド口座は取引手数料無料で、必要なのはスプレッドのコストのみです。

GEMFOREXのECN口座は、 取引手数料無料な上にスプレッドの狭さも業界トップクラスなのです。

ただし、ノースプレッド口座を使用するには条件があるので、場合によってはオールインワン口座の方がいいこともあります。

ノースプレッド口座の条件
  • 初回入金額30万円以上
  • ボーナスなし
  • EA自動売買が使えない

低スプレッド×スキャルピング取引中心のトレーダーならノースプレッド口座もよいですが、

ボーナスを活用したい、自動売買で取引したい、という方にはオールインワン口座がおすすめです。

ノースプレッド口座と他の業者のスプレッドを比較

GEMFOREXのノースプレッド口座(ECN口座)と、他の海外FX業者のECN口座のスプレッドを比較します。

  • 取引手数料込みのスプレッドで表示
  • 取引手数料は往復の手数料
海外FX業者USD/JPYGBP/JPYEUR/USD取引手数料(往復)口座名
GEMFOREX0.31.00.3無料ノースプレッド
MILTON MARKETS0.91.31.08ドルプレミアム
LANDFX0.91.51.07ドルECN
Tradeview1.11.51.210ドルILC口座・cTrader口座
HotForex0.82.00.76ドルゼロスプレッド
TITANFX1.032.10.97ドルブレード
BigBoss1.21.82.09ドルプロスプレッド
AXIORY1.11.80.96ドルナノスプレッド
IronFX1.82.02.018ドルABSOLUTE ZERO
FBS1.52.31.212ドルECN
FXPro1.42.11.29ドルcTrader
XM1.62.61.610ドルゼロ

GEMFOREXのノースプレッド口座のスプレッドはずば抜けて狭いです!

ノースプレッド口座は、海外国内FX業者のどこと比較してもスプレッドが狭く、スキャルピング取引をするトレーダーから好評を得ています。

GEMFOREXとXMのスプレッドを比較

GEMFOREXの最大のライバルXMとスプレッドを比較してみましょう。

【STP口座(スタンダード)のスプレッド比較】

GEMFOREXXM
対象口座オールインワンスタンダード・マイクロ
USD/JPY1.21.8
EUR/JPY1.42.6
GBP/JPY1.93.8
AUD/JPY1.63.0
EUR/USD1.22.3
AUD /USD1.63.0

【ECN口座のスプレッド比較】

GEMFOREXXM☆
対象口座ノースプレッドゼロ
USD/JPY0.31.6
EUR/JPY0.52.2
GBP/JPY1.02.6
AUD/JPY0.62.3
EUR/USD0.31.6
AUD /USD0.32.2

※スプレッド+取引手数料(往復)で計算

STP口座(スタンダード)もECN口座も、 GEMFOREXの方がスプレッドが狭いことがわかりました。

GEMFOREXは変動スプレッドを採用

海外FX業者のスプレッドは、固定スプレッドと変動スプレッドの2つがあり、GEMFOREXは変動スプレッドを採用しています。

変動スプレッドの魅力は、狭くなるときには極狭になります。

主要通貨の最小スプレッドが0.0pipsになることもあり、固定スプレッドには真似できないものです。

その一方、スプレッド広がるときはかなり広がってしまう側面もあります。

このため、GEMFOREXは、一番スタンダードと言えるドル円だけは原則固定スプレッドにしています。

GEMFOREXはドル円だけ固定スプレッドを採用

GEMFOREXでは、ドル円だけ原則固定スプレッドを適用しています。

ドル円だけでも固定スプレッドを適用している海外FX業者はほかにはほとんどなく、GEMFOREXのこの取り組みはとても珍しいものです。

しかも、GEMFOREXのドル円の固定スプレッドは0.3pipsという業界トップレベルの狭さ。

多くのトレーダーがGEMFOREXに集まってくるのがわかります。

GEMFOREXのデモ口座のスプレッド

GEMFOREXのデモ口座とはデモトレードでFXの練習ができる口座で、100万円分の仮想残高を使い実際の取引環境でFXの練習をします。

デモ口座の取引方式はオールインワン口座と同じSTP方式で、スプレッドもオールインワン口座と同様です。

デモ口座ではMT4、MT5の取引プラットフォームを使うので、MT4やMT5に慣れるのにもちょうどいいでしょう。

もちろんデモ口座でも自動売買やミラートレード可能ですから、これら自動売買の体験や練習にももってこいです。

スプレッドでの海外FX業者の選び方

①最小スプレッドではなく平均スプレッドで選ぶこと

スプレッドに重点を置いてFX業者を選ぶなら、最小スプレッドではなく平均スプレッドをチェックしてください。

例えば、スプレッドが1.0pips~1.5pipsで推移していたとします。ほんの一瞬でもスプレッドが0.1pipsになると、最小スプレッドは0.1pipsになってしまいます。

最小スプレッド0.1pipsは事実ですが、そのスプレッドで常に取引できるわけではありません。

なお、GEMFOREX公式サイトには実際の平均スプレッドがきちんと記載されており、この点からもGEMFOREXが優良企業であることがわかります。

②約定力の高さも確認すること

GEMFOREXオールインワン口座のスプレッドはごく標準的であり、やや物足りなさを感じるトレーダーもいるようです。

ですが、FX口座を選ぶ際には、ただスプレッドの狭さだけではなく、スリッページによる損失を踏まえてコストを計算することが大切です。

スリッページとは、自分が注文したレートから少しずれたタイミングのレートで約定しまうことを指します。

たとえば、1ドル100.1円の通貨を購入、1ドル100.2円のタイミングで売ろうとしたにも関わらず、実際には1ドル100.15円のレートで売れた場合、0.05円(5pips)のスリッページが発生したと言います。

この場合、スプレッドが0pipsでも、5pipsコストがかかったということになります。

スリッページ発生頻度は約定率を目安とし、たとえば約定率90%の場合なら注文100回につき10回のスリッページが発生すると考えます。

海外FX業者のなかには、極狭スプレッドではあるものの約定率が低くスリッページが発生しやすいところもあるのですが、約定率の高いGEMFOREXではほとんどスリッページが発生しません。

極狭スプレッドプラススリッページの発生しにくい高い約定力というメリットを考えると、GEMFOREXならトータルコストをかなり抑えられると言えるでしょう。

GEMFOREXのスプレッドが広がるタイミングは早朝や週明け

GEMFOREXでスプレッドが広がりやすいのは早朝と週明けです。

なぜなら、世界三大市場であるニューヨーク市場・日本市場・ロンドン市場がクローズするため取引量が激減するからです。

スプレッドの広さとレート変動の大きさは比例する傾向にあるため、スプレッドの広がりやすい早朝や週明けの取引はなるべく避けておきましょう。

たとえば、週明けにスプレッドが開いているのを知らないまま損きりラインを設定、せっかく本来なら利益があったのにスプレッドの開きでロスカットになるケースも考えられます。

もちろんGEMOFOREXだけではなくFX取引において、週明けに恐ろしいほどスプレッドが広がったこともありますので注意しましょう。

また、早朝と週明け以外にも経済指標発表前後や大きな経済ニュース、自然災害があると市場が不安定になりスプレッドが広がりやすいです。

あらかじめスプレッドが広くなりやすいタイミングや傾向を知っておくことで、リスクを軽減させられるでしょう。

オールインワン口座とノースプレッド口座はどちらも開設できる

GEMFOREXは一人につき複数の口座開設ができます。

オールインワン口座とノースプレッド口座を同時に保有することももちろんOKです。

オールインワン口座のメリットは、豊富なボーナスや自動売買システム無料使い放題、一方ノースプレッド口座のメリットは極狭スプレッドでしょう。

オールインワン口座ではボーナスをもらって自動売買システムを使い、ノースプレッド口座では裁量取引をする、といった具合に両者を上手に活用するのがベストです。

【GEMFOREXのスプレッド】口座別・通貨別・他業者別にスプレッドを徹底比較まとめ

GEMFOREXは、STP口座・ECN口座ともに業界トップクラスの低スプレッドで取引できる業者です。

早朝や窓空け、重要経済指標発表時でさえ、スプレッドの広がり方が小さめです。

しかも、スプレッドの狭さだけでなくそのほかの取引条件や環境も抜群で、最大レバレッジ1000倍、高い約定率など、スキャルピング取引にもぴったりです。

追証なしのゼロカットシステムを採用していますから、ユーザーは借金を背負うリスクなく安心して取引できます。

さらに、日本語サポートが充実しており、まるで国内FX業者を利用している感覚でサポートを受けFXを楽しめるでしょう。

低スプレッドを含めさまざまな面で業界トップクラスを誇るGEMFOREXは、初心者から上級者まで満足できる海外FX業者です。

関連記事 海外FXスプレッド比較おすすめ業者はココ

【20,000円もらえる】スプレッドが狭いGEMFOREXがおすすめ

海外FX業者を10社ほど利用してみましたが、GEMFOREXが一番出金が早く信頼できる業者です。 口座開設するだけで20,000円のボーナスがもらえるので、お試しトレードしてみましょう!関連記事【海外FXおすすめ22社比較】口コミ評判が良い海外FXおすすめ人気業者はココだ!
タイトルとURLをコピーしました