【TITANFXのMT4の使い方】MT4のダウンロード方法やログイン初期設定

TITANFXの取引ツールは、独自のトレードシステムではなくMT4を利用します。

MT4は多くの海外FX業者や国内FX業者で採用されているトレーディングプラットフォームで、一度使えるようになればどこでも使えて便利です。

もしかしたら、MT4をまだ使ったことがないという方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会にTITANFXでMT4デビューしてはいかがでしょう。

MT4の口座を開設してログインする方法

まだTITANFXの口座を持っていない方は、新規アカウントでTITANFXのMT4口座を立ち上げましょう。

まず、TITANFX公式サイトにアクセスし、下部にある「新規リアル口座を開設」をクリックします。

すると、リアル口座の登録画面となりますので、画面指示どおりメールアドレスとパスワードを入力します。

次に、個人口座か法人口座かを選択し、「さあ始めましょう」ボタンをクリックしましょう。

ユーザー情報の登録画面が表示され、その一番上がプラットフォームの選択ですので、MT4を選びます。

そのほか、口座タイプ、レバレッジ、ベース通貨などを選択し「次へ」をクリック、画面指示どおりに手続きを完了させましょう。

手続きが無事完了すると登録メールアドレスに認証メールが届きますので、認証手続きを完了させます。

最後に本人確認を済ませてすべて完了となります。

次に、TITANFXのテクノロジー画面からMT4をダウンロードしログインしましょう。

指定のTITANFXサーバー名を選択し、IDとパスワードを入力するだけでMT4を使えるようになります。

MT5や cTraadeで見ることのできる板情報ですが、MT4では見ることができません。

どうしても板情報が見たい方は、cTrader対応のAXIORYなどを利用してもいいでしょう。

通貨ペアのチャートを表示させる方法

MT4が立ち上がったら、まず、自分が取引したい通貨ペアを表示させます。

MT4の画面左上「ファイル」から「新規チャート」をクリック、通貨ペア一覧が表示されますので、自分が表示させたい通貨ペアをクリックしましょう。

すると選んだ通貨ペアのチャートに切り替わります。

チャートの形や時間足を変更する方法

次に、TITANFXのMT4で、チャートの形の変更や表示する時間足を変更させてみましょう。

チャート上部にあるメニュー一覧から、チャートの形状のアイコンをクリックしてください。

ちなみに、表示できるチャート形状は、ローソク足・バーチャート・ラインチャートの3タイプです。

また、チャートの時間足を変更したい時は、チャート上に表示されている時間足ボタンをそれぞれクリックしましょう。

たとえば、1分足ならM1、1時間足ならH1、1日足ならD1、1ヶ月足ならMNとなります。

インジケーターを表示させる方法

TITANFXのMT4ではインジケーターを利用したテクニカル分析もおこなえますので、ボリンジャーバンドを利用してインジケーターを表示させる方法をご紹介します。

まず、MT4の画面上部にあるメニューバーの中から「挿入」をクリック、次に「インジケーター」をクリック、トレンドの中の「ボリンジャーバンド」をクリックします。

期間や偏差といったボリンジャーバンドを表示させる条件を入力、スタイルをカスタマイズしOKボタンをクリックすると、ボリンジャーバンドが表示されます。

MT4で注文する方法

MT4を使ってFXの新規注文をおこなうには、上部メニューバーの「ツール」をクリック、新規注文をクリックします。

すると、オーダー発注画面が表示されますから、注文をおこないます。

まず一番上の「通貨ペア」項目を選択、次に、注文する数量と注文種別を入力、選択します。

注文種別とは、成行注文や指値注文などのことで、指値注文の場合は必要に応じて指値を入力します。

日本時間に設定する方法

日本時の設定は、まず、インディケーターJPY_Time_SubZeroをダウンロードしたあと、MT4ツールバー左上のファイルからデータフォルダを開くをクリックします。

次に、MQL4ファイルを開き、Indicatorsをクリックして開き、そこに先ほどダウンロードしたJPY_Time_SubZeroをドラックドロップで移します。

最後に、MT4を再起動、画面左の海外FXメガウィンドウからインディケーター、JPY_Time_SubZeroをダブルクリックすれば完了です。

なお、パラメーターはUseLocalPCTime、HOUR、MINUTEをtrueにしておきましょう。

ちなみに、UseLocalPCTimeとは使用しているPCと同じ時間で表示、HOURとはチャートで表示される時間、MINUTEとはチャートで表示される時間を指します。

スマホ(iPhone・android)でダウンロードする方法

MT4はスマホでもパソコンと同じように操作できるアプリがあります。

iPhoneの場合

TITANFXの公式ホームページメニューからお取引、iPhone用MT4をクリック、MT4アプリをダウンロードします。

androidの場合

TITANFXの公式ホームページメニューからお取引、android用MT4をクリック、MT4アプリをダウンロードします。

どちらの場合もあとはログインするだけでスマホから取引できます。

iPadの場合

MT4は、スマホやパソコンだけでなくiPadでもダウンロードでき、TITANFXの公式ホームページメニューからお取引、iPad用MT4をクリック、MT4アプリをダウンロードします。

MT5は現在のところ未対応

残念ですが、TITANFXは今のところMT5未対応です。

ただし、よほどMT5にこだわりがなければMT4でとくに問題ありません。

それでもMT5を使ってみたい、と思う方は、MT5対応のXM、HotforexといったFX業者をおすすめします。

ログインできない場合のの対処法

もし、ログインIDやパスワード、サーバーの種類がわからずログインできなくなった場合は、最初にTITANFXで口座開設したときに送られてきたメールを確認しましょう。

「【重要】TitnaFX:MT4口座ログイン情報」という件名のメールです。

回線不通、無効な口座、コモンエラーでログインできない時は、サーバーの種類を間違えていることが多いので、もう一度見直して正確に入力してください。

接続状況がわからない場合、表示のステータスバーにチェックを入れればサーバーを確認できます。

どうしてもわからない時は、サポートセンターに連絡するといいでしょう。

【TITANFXのMT4の使い方】MT4のダウンロード方法やログイン初期設定まとめ

TITANFXは、MT4を採用しています。

ただし、MT4とMT5には互換性がなくTITANFXはMT5には未対応なので気をつけましょう。

MT4は多くの海外FX、国内FX業者で採用されているシステムで、一度使い方を理解すればどの業者でも同じように利用できます。

またMT4は、多くの海外ブローカーや国内ブローカーでも採用されているシステムですので、一度使用方法を覚えてしまえば他のブローカーでMT4が利用できれば使い方は全く同じです。

TITANFXをはじめとする海外FXを利用するなら、ぜひMT4の操作をマスターしましょう。

20,000円ボーナス&極狭スプレッドのGEMFOREXがおすすめ

スプレッドがどの業者よりも一番狭く安全に取引できるGEMFOREXがおすすめです!  
スプレッドドル円1.2pips約定率99.79%
レバレッジ5,000倍ゼロカット
取引手数料無料ロスカット水準50%
口座開設するだけで20,000円のボーナスがもらえるので、入金なしで即トレードができます!
\今なら口座開設で20,000円もらえる/
関連記事【海外FXおすすめ20社比較】評判が良い海外FXおすすめ人気業者はココだ!
タイトルとURLをコピーしました