【TITANFXレバレッジは500倍】最大レバレッジやレバレッジ制限をメガ鬼チェック

TITANFXの最大レバレッジは500倍です。

TITANFXの最大レバレッジは500倍で、海外FX業者の中では一般的ですが、最大レバレッジ25倍の国内FX業者と比べれば極めて高いと言えます。

また、TITANFXはレバレッジ制限が少ない業者としても有名です。

そこで今回は、TITANFXのレバレッジについて徹底解説!最大レバレッジやレバレッジ制限をメガ鬼チェックしていきます。

TITANFXの口座タイプ別の最大レバレッジ比較

ZeroスタンダードZeroブレード
最大レバレッジ500倍500倍
最低入金額2万円2万円
スプレッド1.20.9(0.2)
※スプレッドはドル円の平均スプレッド、()内は手数料抜きのpips

TITANFXには、2タイプの口座、zeroスタンダード口座とzeroブレード口座があり、どちらも最大レバレッジは500倍です。

スプレッドや取引手数料にこそ違いがあるものの、それ以外にのスペックはよく似ています。

MT4/MT5の自動売買ツールでEAを利用する自動売買取引、zuluという取引ツールを利用する自動売買にも対応しており、これらも最大500倍のレバレッジをかけられます。

口座残高によるレバレッジ制限はない

TITANFXの最大レバレッジは500倍で、数字だけ見ると他の海外FX業者と比べてそう高いものではありません。

しかし、TITANFXでは口座残高に限らず500倍レバレッジをかけることができます。

多くの海外FX業者では、口座残高が200万円以上になるとレバレッジ制限を課すことが多いです。

これは、口座残高でレバレッジ制限をかけるのはトレーダーが大きな損失を被るリスクを減らすという意味合いがあるものの物足りなさを感じる方も多いでしょう。

レバレッジ制限がないので、レバレッジ制限がかかり必要証拠金の増額にともなうロスカットのリスクを回避できるのです。

TITANFXと他業者の最大レバレッジを比較

最大レバレッジレバレッジ制限
TITANFX500倍なし
GEMFOREX5000倍200万円以上で500倍
FBS3000倍・20万円以上で1000倍

・50万円以上で500倍

・300万円以上で200倍

AXIORY400倍・1000万円以上で300倍

・2000万円以上で200倍

XM888倍・200万円以上で200倍

・1000万円以上で100倍

FXPRO500倍なし

TITANFXと他の主要な海外FX業者をレバレッジで比較してみると、口座残高によるレバレッジ制限がないのはTITANFXとFXPROのみです。

さらにTITANFXには口座残高と取引量ともにレバレッジ制限がありません

最大レバレッジの数字だけ見るとGEMFOREXには負けますが、レバレッジ制限が少ないのはTITANFXの大きなメリットです。

TITANFXの過去のレバレッジ制限

Tradeviewは2016年にイギリスがEUを離脱するかどうかを問う国民投票の際に、一時的に500倍から100倍レバレッジに制限されました。

経済指標発表の値動きくらいでレバレッジが制限されることはほぼありませんが、このようにあまりに大きな市場混乱が予想されるケースではレバレッジ制限がかかることがあります。

ただし、いきなりレバレッジ制限がかかるわけではなく、事前に告知メールが届きますから、急にレバレッジ制限がかかってロスカットするといったリスクは低いです。

CFD取引のレバレッジ

TITANFXのCFD取引のレバレッジは500倍です。

最近では株式指数や貴金属といったCFD取引対応の海外FX業者が増えています。

FX取引をしながらCFD取引もしているというトレーダーも増えていますが、ただし一般的にはFX取引ほどのレバレッジをかけられないCFD取引がほとんどです。

CFD取引は流動性が低く値動きが大きいためレバレッジを低めに抑えられがちなのですが、そんな中、TITANFXはCFD取引でも最大500倍のレバレッジをかけられます。

また、FX取引と同じく1000通貨の取引も可能なので、500倍レバレッジを使って少額でCFD取引することもできます。

FX取引でのレバレッジ500倍はそう大きな数字ではありませんが、CFD取引での500倍レバレッジは業界トップクラスの数字です。

EA/zuluの自動売買のレバレッジ

TITANFXの自動売買のレバレッジは500倍です。

自動売買に使うEAやストラテジータイプによりレバレッジ制限をかけるところも多く、大ロットやスキャルピング取引での自動売買に制限がかかるケースが多いです。

ですが、TITANFXでは自動売買にもレバレッジ制限が課しておらず、裁量取引と同じように最大500倍レバレッジをかけられます。

また、TITANFXには実際のトレーダーの手法を真似るzuluという自動売買取引システムがあり、このzuluも500倍のレバレッジをかけられます。

レバレッジ制限がないので、自動売買取引初心者も余計な心配なく取引に集中できるでしょう。

TITANFXのレバレッジの設定を確認する方法

TITANFXでは口座開設の際に、「1倍、25倍、50倍、100倍、200倍、300倍、400倍、500倍」の8つのレバレッジから選べます。

もちろんレバレッジは後からの変更も簡単なので、「最初から大きなレバレッジをかけるのは不安」という方は慣れるまで低めのレバレッジに設定しておくとよいでしょう。

レバレッジの設定や変更は、マイページからおこなうことができます。

ただし、レバレッジを下げるのはマイページで手続きが完結しますが、レバレッジを上げるのはサポートへの連絡も必要です。

また、現在のレバレッジはマイページやMT4から確認できますし、実際に使っているレバレッジは、通貨ペアのレート×取引数量÷口座残高の計算式で求められます。

TITANFXの500倍レバレッジでおすすめはスキャルピング

TITANFXの500倍レバレッジを活用しておすすめしたいのがスキャルピング取引です。

スキャルピングとは、短い時間で何度も取引を繰り返し小さな利益を積み上げる手法です。

1回あたりの利幅が小さくハイレバレッジを活かせるためトレーダーから人気です。

なかには、サーバーに負荷がかかるという理由からスキャルピング禁止の海外FX業者もありますが、TITANFXは公式にスキャルピングを容認しており正々堂々と楽しめます。

TITANFXはレバレッジの大きさだけでなく、狭いスプレッドや高い約定力といった側面からもスキャルピングに向く業者です。

特にブレード口座は、取引手数料も含めても狭いスプレッドで取引可能なので、コストを抑えてハイレバレッジスキャルピングができます。

 

 

【TITANFXレバレッジ攻略】最大レバレッジやレバレッジ制限をメガ鬼チェックまとめ

いくら大きなレバレッジをかけられるといっても、取引状況や環境によってレバレッジ制限をかける海外FX業者が多いです。

ですが、TITANFXはレバレッジ制限が少ないのが大きな魅力です。

口座残高や取引量によるレバレッジ制限がなく、CFD取引やスキャルピング、自動売買でも最大500倍のレバレッジをかけられるのはTITANFXの強みです。

なお、TITANFXではレバレッジを自分で簡単に設定変更できますから、慣れない最初のうちは低めのレバレッジに設定しておき、少しずつ数字を大きくしていくのがおすすめです。

TITANFXには日本語サポートもあり、海外FX初心者も安心してハイレバレッジ取引を楽しめるでしょう。

 TITANFXの公式サイトはこちら

海外FXメガのおすすめ業者はGEMFOREX

 
スプレッドドル円1.2pips約定率99.79%
レバレッジ1,000倍ゼロカット
取引手数料無料ロスカット水準50%
口座開設するだけで20,000円のボーナスがもらえるので、入金なしで即トレードができます!関連記事【海外FXおすすめ20社比較】評判が良い海外FXおすすめ人気業者はココだ!
タイトルとURLをコピーしました